おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

ホワイト企業とは 働きやすい職場の特徴は?厚生労働省にも認定制度

ホワイト企業とは、職場環境が整っていて、働きやすい企業のことです。

長時間労働やパワハラなど職場環境が劣悪な「ブラック企業」 に対する言葉として使われ始めました。「就職するのによい企業」「なんとなく良さそう」とイメージでとらえられがちな言葉でもありますが、厚生労働省による認定制度「安全衛生優良企業公表制度(ホワイトマーク)」も作られており、認知が広がっています。

本稿では、ホワイト企業とは何か、企業の7つの特徴や厚生労働省の取り組みをご紹介します。

>>関連記事
ブラック企業とは 不当な残業にパワハラ…法律違反も含む7つの特徴


1. ホワイト企業とは

ホワイト企業は、ブラック企業の対義語として登場した言葉です。
ブラック企業に特徴的な長時間労働や過度なノルマ設定がない、コンプライアンス意識が高く従業員を大切にする企業という意味で使われています。


2. ホワイト企業の特徴

ホワイト企業は、具体的に次の点で評価されます。

2-1. 離職率が低い

裏返せば、従業員の勤続年数が長い企業です。長く勤められるということは、職場環境がよいことを意味しています。

2-2. 残業が少ない

職場内に残業が奨励されない雰囲気があり、業務の進め方が効率的であると考えられます。
「ノー残業デー」のような制度が適切に機能しているとも言えます。
残業が少ないと、従業員の心身の健康やモチベーションの維持につながります。このような企業では従業員からの評価も上がる傾向にあります。

2-3. 福利厚生が充実している

福利厚生には法律で義務づけられている法定福利厚生と、企業が任意で提供する法定外福利厚生があります。
ホワイト企業では、雇用保険や健康保険など「社会保険料」を企業が負担する法定福利厚生だけでなく、各種休暇制度や、住宅手当、勤務制度など、企業独自の福利厚生サービスが充実しています。働きやすい環境づくりに積極的だと言えます。

2-4. 法令遵守が徹底している

企業全体としてコンプライアンス意識が高く、またそのための教育制度が整っています。
コンプライアンスを徹底することで、企業や従業員が守られ、企業が健全に発展していくことが認識されています。

2-5. 明確な評価制度がある

従業員が納得できるような人事評価制度がきちんと整備されています。自分がどのように働けばどう評価され、給与や報酬に反映されるかが明確になっていると言えます。

2-6. 長期的な視点に基づいて人材を育成している

従業員が長期的に勤務することを前提に人材育成・教育制度が構築されています。能力やスキルを向上させるしくみが整っていることで、より生産性が高まるという好循環が生まれます。

2-7. 給料が適切に支払われている

一定の給料を支払う能力があるということは会社が安定し、また従業員を大切にしているということを意味します。

ホワイト企業には、従業員を長期にわたって雇用し、育てていこうという考え方があります。
従業員が継続的に勤務するので、長期的視野に立った人材育成ができ、スキルやノウハウを継承していくことが可能になります。結果として経営が安定し、業績向上につながります。


3. 安全衛生優良企業公表制度(ホワイトマーク)

厚生労働省では、2015年6月から「安全衛生優良企業公表制度」を開始しました。
これは、労働安全衛生=職場での従業員の安全と健康の確保、快適な職場環境づくりに積極的に取り組んでいる企業を認定し、企業名を公表する制度です。

認定を受けるには、次のような対策に積極的に取り組んでいる必要があります。
・過去3年間、労働安全衛生関連の重大な法律に違反していないこと
・従業員の健康保持や増進への対策
・メンタルヘルス対策
・過重労働防止対策
・安全管理への対策

認定の有効期間は3年間です。認定企業には、「ホワイトマーク」が付与され、働きやすい優良企業として自社のPRに活用できます。企業イメージだけでなく、従業員の意欲の向上も期待できるでしょう。また、求職者にとっても、就職先を選ぶ際の判断材料になります。

通称:ホワイトマーク

出典・参考)
厚生労働省「安全衛生優良企業公表制度について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000075611.html
参考)
非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構「安全衛生優良企業公表制度」
http://shem.or.jp/shem-system

「安全衛生優良企業公表制度」として評価することで、労働安全衛生に積極的な企業の社会的認知を高め、より多くの企業に取り組みを浸透させることが制度の目的です。


4. まとめ

ホワイト企業とは、職場環境が整っていて、働きやすい企業のことです

具体的には、次のような企業を指します。
・離職率が低い
・残業が少ない
・福利厚生が充実している
・法令遵守が徹底している
・明確な評価制度がある
・長期的な視点に基づいて人材を育成している
・給料が適切に支払われている

厚生労働省は、職場での従業員の安全と健康の確保、快適な職場環境づくりに積極的に取り組んでいる企業を認定し、企業名を公表する「安全衛生優良企業公表制度」を展開しています。

認定基準として、次のような対策に積極的に取り組んでいる必要があります。
・過去3年間、労働安全衛生関連の重大な法律に違反していないこと
・従業員の健康保持や増進への対策
・メンタルヘルス対策
・過重労働防止対策
・安全管理への対策

厚生労働省が、評価や認定をすることによって社会的認知を高め、より多くの企業に取り組みを浸透させることが制度の目的です。

ホワイト企業には、時間をかけて従業員を育てていこうという考え方があります。職場環境をよりよいものに整備していこうとするのもそのためです。

働きやすい職場は、従業員のモチベーションを向上させ、心身の健康を維持しやすくなります。また、人材が安定するので、企業としては長期的視野に立った人材育成や教育の計画を立てることができます。個々の能力の向上によって企業全体のレベルが高まり、本業の業績向上へとつながっていくのです。

従業員にとって働きやすい職場をスタートに、自社の制度を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

コンプライアンス教育の基礎を効率的に
学習できるeラーニング

「コンプライアンスシリーズ」

コンプライアンス対策をするにあたり、最も重要なことの一つが「社員へのコンプライアンス教育」です。しかし、教育施策を整えることは、簡単なことではありません。

eラーニング教材「コンプライアンスシリーズ」は、コンプライアンスの基礎を網羅的に学習できるように開発しました。違反事例や対策なども充実しており、多くの企業にとって重要な分野ごとに学習することができるほか、法令の解説を聞くだけでは対応しにくい「現場」の視点を考慮して開発している点も特長です。

基礎となる知識を学習することで、コンプライアンス対策も可能になるでしょう。自社に最適なコンプライアンスの実現にぜひお役立てください。
 

<教材ラインナップ>

【下請法(基礎編)】
【下請法(実務編)】
【著作権法】
【反社会的勢力排除の基礎知識】
【安全保障貿易(輸出)管理(基礎編)】
【製造物責任法(基礎編)】
【契約(基礎編)】
【独占禁止法(基礎編)】
【独占禁止法(カルテル編)】

無料にて教材のプレビューが可能ですので、ぜひご覧になってみてください。

※推奨ブラウザ
通常版:Internet Explorer
マルチデバイス版:Internet Explorer、Microsofr Edge、Google Ghrome、Safari
※OSのバージョンや機種特有の問題により一部の端末では正常に動作しない場合があります。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いにつきましては個人情報保護方針をご確認ください