おすすめ記事

eラーニング動画の作り方 企画から撮影・編集まで〔絵コンテサンプル付〕

変形労働時間制とは 上限を1年・1カ月単位で定めるメリット・デメリット

変形労働時間制とは、業務の繁閑に応じて労働時間を柔軟に運用できるようにした制度です。

「うちの業界は月末がものすごく残業が多いのだけど、月初はものすごく暇だな」
「年末から3月にかけてはものすごく忙しいけれど、4月から7月くらいにかけてはあまり仕事がないな」

という経験はありませんか?
繁閑がはっきりと分かれている業界にとって、通常の法定労働時間どおりに業務をすることが企業、従業員双方にとって非効率である場合もあります。そんな悩みを解消する制度の一つが変形労働時間制です。

本稿では変形労働時間制を導入する場合、企業としてのメリットやデメリット、導入の手続き方法についてご説明していきます。


1. 変形労働時間制とは

変形労働時間制とは、企業の業務の繁閑に応じて労働時間を柔軟に運用できるようにした制度です。2017年の厚生労働省の統計情報白書 によると、変形労働時間制を採用している企業の割合は57.5%という結果が出ています。

変形労働時間制には、1カ月を期間としたものと、1年を期間としたものがあり、それぞれ導入する場合の手続きが異なります。次章でみていきましょう。


2. 1カ月単位の変形労働時間制とは

1カ月単位の変形労働時間制は、1カ月以内の一定の期間、1週間当たりの労働時間が平均40時間(特例事業の場合は44時間)を超えなければ1日8時間もしくは1週間40時間の法定労働時間を超える労働が可能になる制度です。

例えば、月の前半が忙しく後半にはゆとりがある状況であれば、前半の就業時間を午前8時から午後7時(休憩1時間を除く10時間)、後半を午前9時から午後4時(同6時間)などと、変則的な労働時間を定めるやり方です。もしくは、繁忙の時は長めの労働時間制を設定し、それ以外の時は休日を増やす、というやり方もあります。この制度の場合、1日の労働時間の上限はありません。変形する期間は「1カ月以内」なので、2週間単位、4週間単位でも設定できます。

◆1カ月単位の変形労働制導入の手続き

この制度を導入するためには、労使協定の定め、または就業規則の定め(これに準ずるもの)が必要となります。具体的な手続きとしては下記の通りです。

(1) 変形期間の所定労働時間
変形期間内の法定労働時間の総枠を超えてはならない旨を明確に規定します。

(2) 対象となる労働者の範囲
範囲について制限はありませんが、明確に定めなければなりません。

(3) 変形期間と変形期間の起算日
変形期間は1カ月以内、始期を明確にする必要があります。

(4) 変形期間中の労働日および各労働日の労働時間
変形期間の各日、各週の労働時間だけでなく、労働日と始業、終業の時刻を具体的に記載し、労働者に周知することが必要です。

労使協定では上記に加えて、協定の有効期間を記載します。また、協定は1カ月単位の変形労働時間制を採用するための要件を満たすだけにすぎないため、この制度の下での労働を従業員に義務付けるためには、就業規則などにも定める必要があります
つまり、
 労使協定+就業規則 → 所轄労働基準監督署長へ提出
 就業規則        → 所轄労働基準監督署長へ提出

1カ月単位の変形労働制は労使協定を締結する必要はなく、就業規則で定めればよいため、1年単位の変形労働時間制に比べて比較的簡単に導入可能です。


3. 1年単位の変形労働制とは

期間を1年とした変形労働時間制は、1カ月を超え1年以内の期間、1週間当たりの労働時間が平均40時間を超えなければ、1日当たり、1週間当たりの法定労働時間を超える労働が可能になる制度です。

例えば、4~6月は所定労働時間を8時間30分、7~12月は7時間30分とするなど、繁忙の時期に応じて所定労働時間を変えるというやり方ができます。変形する期間は1カ月超1年以内なので、3カ月や5カ月でも問題ありません。1年単位の場合、労働時間の特例である週44時間は適用されません。

3-1. 1年単位の変形労働制導入の手続き

1年単位の変形労働制を導入するにあたって1カ月単位の変形労働制の手続きと大きく異なる点は、「必ず労使協定を結ばなければならない」という点です。その際は、下記内容を書面協定で締結する必要があります。

(1) 対象労働者の範囲
 範囲について制限はありませんが、明確に定めなければなりません。

(2) 対象期間及び起算日
 1カ月を超え、1年以内に限られます。

(3) 特定期間
 対象期間中に特に業務が繁忙な期間を記載します。

(4) 労働日および労働日ごとの労働時間
 規定の時間を超えないよう設定します。

(5) 労使協定の有効期間
 基本的に対象期間より長く設定すればよいとされますが、適切な運営のためには1年が理想的です。

書面締結ができたのち、所轄労働基準監督署長に提出します。

補足として、(4)の労働日については、最初の期間(例えば1カ月など)においては労働日およびその労働日ごとの労働時間を労使協定に定めなければならないとなっています。その後の各期間については、いったん各期間における労働日数と総労働時間の総枠を定めておくことで事足ります。その後、各期間が始まる最低30日前に、各事業所の労働者の半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合の、ない場合は労働者の過半数代表者の同意を得て、労働日と労働日ごとの労働時間を書面で定めていきます。

3-2. 1年単位の変形労働時間制の注意点

1カ月単位の変形労働制と比較して、1年単位の変形労働時間制はいくつか注意すべき点があります。
・1日の労働時間の限度が10時間である
・1週間の労働時間が52時間である

さらに、対象期間が3カ月を超える場合、次の点も気を付けなければなりません。
・労働時間が48時間を超える週は連続3週以下にすること
・対象期間を3カ月ごとに区分した各期間において、労働時間が48時間を超える週は週の初日で数えて3回以下であること

期間が長くなる分、労働者に長時間労働を必要以上に強いることにならないよう、こういった取り決めがされています。


4. 変形労働時間制のメリット、デメリット

変形労働時間制を導入するメリットとしてどのようなことがあるでしょうか。

・業務の繁閑に合わせた時間の配分が可能
従業員は業務の繁閑に合わせ、実情にあった働き方ができます。「仕事がないのに就業時間内なので帰れない」という時間や労力の無駄をなくせます。
企業側は、残業代の削減ができます。通常は、法定労働時間を超過すれば残業代の支払いが発生しますが、この制度の特定期間であれば、法定労働時間を超えても所定時間内であれば残業代の支払いは発生しません。

・ワークライフバランス向上
繁忙期はたくさん働き、そうではないときは早めに業務を終了できるメリハリのある働き方は従業員のワークライフバランスを向上させます
本来であれば就業していた時間を使って、自身のスキルアップや休息にあてるなど時間の有効活用ができると心身の健康にも効果的でしょう。

一方で、次のようなデメリットもあります。

・事務手続きが煩雑
変動同労時間制では、事前に具体的な労働日や労働時間を定め、提示する必要があります。毎回、担当者はスケジュールを作成したり、労働時間を算定したりという煩雑な手続きをしなければなりません。

・労働日や労働時間を変更できない
事前に労働日や労働時間を提示し、それに従った働き方をすることを前提とした制度のため急な業務依頼に即応できない不便さがあります。
通常であれば所定時間内ですぐに対応できることも、場合によっては所定時間外で対応できる人員もいない、時間外労働として予想外の残業代が発生する可能性もあります。

業務内容を整理し、この制度に合っている業務内容または職場なのかを見極めた上で導入の可否を検討するとよいでしょう。


5. まとめ

変形労働時間制とは、業務の繁閑に応じて労働時間を柔軟に運用できるようにした制度です。法定労働時間を1日で捉えるのではなく、1カ月、1年という期間の中で「平均すれば法定労働時間内」なら労働可能にすることで、職場の実情に合った働き方を選択することができます

メリット、デメリットとして次のようなことがあります。
メリット
・業務の繁閑に合わせた時間の配分が可能
・ワークライフバランス向上

デメリット
・事務手続きが煩雑
・労働日や労働時間を変更できない

繁忙期は長時間、業務に従事できる一方で、そうでない時期は業務時間を短縮できるしくみは従業員にとってはメリハリのある働き方を可能にし、企業にとっては残業代の削減と両者にとってメリットのある制度と言えるでしょう。

ただ、導入や運用上の事務手続きは煩雑になるため担当者の負担も考慮する必要があります。「残業代を削減できるから」という安易な考えでの導入は、結果的に従業員に長時間労働を強いることにもなりかねません。

自社の業務は変形労働時間制に適した業務かどうかを見極めた上で、導入を検討する必要があるでしょう。

(参考)
・「図解でハッキリわかる労働時間休日・休暇の実務」佐藤 広一 日本実業出版社(2009)
・「みんなが欲しかった!社労士の教科書 2018年度版」TAC社会保険労務士講座、河野 八海山 TAC出版(2017)
・厚生労働省 1年単位の変形労働時間制導入の手引き
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/library/tokyo-roudoukyoku/jikanka/1nen.pdf
・厚生労働省「1カ月単位の労働時間制」導入の手引き
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/library/tokyo-roudoukyoku/jikanka/ikkagetutani.pdf
・厚生労働省「1年単位の変形労働時間制」
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-6a.pdf

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

組織的な意識改革で長時間労働を是正するためのeラーニング

「チームで取り組む長時間労働の是正働き方改革の実現にむけて

長時間労働の是正は待ったなしです。

大企業で発生しがちな長時間労働をめぐる現場の問題を的確にとらえ、合理的な考え方・改善方法を提示する「チームで取り組む長時間労働の是正―働き方改革の実現にむけて―」。

長時間労働への意識を変え、チームで「仕事の時短」を実現しましょう。

<教材目次>
第1章  長時間労働の課題
  1  長時間労働是正が求められる背景
  2 長時間労働是正の3つのアプローチ
第2章 今日からできる「仕事の時短」
  1  「仕事の時短」の価値観の形成と目標設定
  2  会議の時短
第3章  「仕事の時短」を発展させる
  1  長時間労働の背景と帰結
  2  「仕事の時短」を継続する
  3  時短勤務制度との関わり

無料にて教材のプレビューが可能ですので、ぜひご覧になってみてください。

※推奨ブラウザ
通常版:Internet Explorer
マルチデバイス版:Internet Explorer、Microsofr Edge、Google Ghrome、Safari
※OSのバージョンや機種特有の問題により一部の端末では正常に動作しない場合があります。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いにつきましては個人情報保護方針をご確認ください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう