アンラーニングとは 「学びほぐし」で価値観の硬直化を防ぐ

アンラーニングとは、一度学んだ知識や価値観を意識的に捨て去り、再び学び直すことです。「学習棄却」や「学びほぐし」などと訳されることが多いです。

一般的には、「学習」と「学習棄却」の相反する2つのアクションを繰り返し行うことで、自身の価値観を絶えず見直し人や組織の成長を促進する、という点がアンラーニングのメリットとされています。それでは、「成長を促進する」とは具体的にはどういうことなのでしょうか。 また、なぜこのアンラーニングが現代において注目を集めているのでしょうか。

本稿ではアンラーニングの意味を解説するとともに、アンラーニングの具体的な方法、それによって得られる効果についてご紹介します。


1. アンラーニングが求められる背景

アンラーニングが必要とされている背景には、グローバル化が進み、技術の進歩が目覚ましいこの時代、社会システムや価値観も絶えず変化しているという状況があります。このような時代、今までのように「形式化した仕事の手順を習得する」という意味での「学習」だけでは十分ではなくなってきています。一度習得した仕事内容も、数年で通用しない状況に変わっていくことがありうるからです。社会全体が変化の多い時代だからこそ、学び直しを経て柔軟に対応していく必要があるのです。アンラーニングが経営者や起業家から注目を集めているのは、このような急激な環境の変化に対応可能な人材が社会から強く求められているためです。

しかし、新しい価値観・知識を身に付けるには、時には慣れ親しんだ価値観・知識から離れる必要があるため、多くの場合、困難を伴います。なぜなら人は慣れ親しんだ行動や考え方からはなかなか離れられないからです。むしろ、自身の行動や考え方を習慣化していることに気付かないケースも多いのではないでしょうか。

アンラーニングは、今自分が持っている価値観・知識を見直すこと、また、同じ学習内容でも異なるアプローチから検討する学習法です。言い換えれば、新しい価値観・知識を取り入れやすくする手法ともいうことができ、この時代に必要な「柔軟な価値観」を養う助けとなるでしょう。


2. アンラーニングの手順・注意点

それでは、実際にアンラーニングを実施する上ではどういった点を意識すべきなのでしょうか。より効果的なアンラーニングを行うためのポイントをご紹介します。

2-1. 批判的な見直し

1つ目のポイントは、「今の自分が持っている知識や価値観は今の時代では古くなっているかもしれない」というように、批判的に見直すことです。新たな価値観を身に付けるには、現在自分が持っている価値観を棄却することがまず必要になります。しかし、価値観は自分の一部にもなっているので、無理に切り離そうと思っても容易なことではありません。自身の現状への強い危機感と、アンラーニングの重要性に対する理解があって意識の変革が可能となるのです。

こうした批判的な見直しを行う方法として有効なのが、異なる業種や部署の人達と交流を持つことです。さまざまな価値観を持った人々との対話を通して自己を客観的に見つめ直すことができ、他者の視点による評価は現状に対する変革の意識を刺激する上でも効果的だからです。これは異業種交流会に参加したり、友人と会って話してみたりなど、個人でも取り組むことができます。

また、環境づくりからもアプローチすることができます。さまざまな価値観を持つ人材を積極的に採用することで組織の雰囲気を変える、という手段も有効でしょう。このような社員一人ひとりが自分を見つめ直す機会を得られる環境を作ることは、上司の役目でもあります。

2-2. 振り返り(リフレクション)

2つ目のポイントは、「振り返り(リフレクション)」をすることです。日々の仕事から距離を置いて自分自身を見つめ直すのです。リフレクションは、失敗の原因を探る「反省」とは異なりも、失敗のあるなしに関わらず、また無意識化での行動までを含めて「今後の自分はどうあるべきか」を考え直すことです。

リフレクションを定期的に行うことで、自身が蓄積した知識・価値観・ノウハウをより確かなものとし、能力を向上させることができるのです。こうした取り組みを集団の一人ひとりが丁寧に実践すれば、組織としても大きな成長が望めるでしょう。


3. アンラーニングの効果

アンラーニングにはどういった効果が期待できるのでしょうか。自己変革や組織の成長といったポイントに関して、順番に見ていきましょう。

3-1. 意識面での変革

まず期待できる効果は、固定観念を打破することによる意識面での変革です。会社における「学習」と言うと「仕事に必要な知識を身に着けること」だと考えがちですが、変化の多いこの時代では、それだけではその人の成長機会は十分ではありません。1つの成功パターンや特定の分野に縛られることなく、常に新たな発見を求める意識を持つことで、時代の変化に取り残されることのないイノベ―ティブ(革新的)な発想を養うことができるのです。

3-2. 業務の効率化

もう一つ期待できる効果は、業務の効率化です。今までの価値観を棄却することは、新たな価値観を育むことにつながります。その価値観は、普段何気なく行ってきた業務に対し、別の視点からのアプローチを可能とするでしょう。その結果として、業務形態をより効率的なものに変革できた、または全く新たな発想の下で仕事に取り組めた、といったメリットが生じるというわけです。


4. まとめ

アンラーニングとは一度学んだ内容を意識的に忘れ去り、再び学び直す「学びほぐし」のことです。
この「学びほぐし」を通して新たな価値観や、革新的なアイデアを生み出す基盤を形作ることがアンラーニングの目的です。
アンラーニングをするには、

①現在の価値観・知識を批判的に見直すこと
②定期的に振り返り(リフレクション)をすること

がポイントです。
異業種の人々など異なる価値観を持った人との交流が促進してくれる場合があります。

アンラーニングによって、時代に取り残されることのないイノベーティブな発想を養うことが期待できるほか、普段の仕事に新たな視点を加えることで業務により効率的に取り組めるといったことが期待できます。

仕事環境を工夫したりさまざまな人と意見交換したりすることで、時代の変化に対応出来るイノベ―ティブな人材を育てることに本稿を役立てれば幸いです。

参考
https://jinjibu.jp/keyword/detl/538/
https://bizhint.jp/keyword/61304
https://www.kaonavi.jp/dictionary/unlearning/
http://www.nakahara-lab.net/blog/2014/12/post_2319.html
https://jinjibu.jp/keyword/detl/462/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リーダー層のヒューマンスキルを向上させるeラーニング

「中間管理職のためのチームマネジメントシリーズ」

「部下・後輩の育成」は中間管理職に求められる最も重要な役割の一つです。
しかし、時間のない中、部下のモチベーションを上げ、業務能力を伸ばすことは容易ではありません。

大企業のお客様のリーダー教育に関するお悩みを聞きつつ、中間管理職が培うべき「人間力」に注目して開発した「中間管理職のためのチームマネジメントシリーズ」。

豊富なケーススタディを元に、人を育て、組織を作り上げるスキルを持つ人材を育成しましょう。

 

<教材ラインナップ>

【メンバーのエネルギーを引き出す フィードバック】
【部下の成長を後押しする キャリアデザイン】
【部下を一人前に育てる デレゲーション】
【風通しのよい職場をつくる チームビルディング】
【しなやかなチームをつくる ダイバーシティ】
【タフな相手を説得する アサーティブコミュニケーション】

無料にて教材のプレビューが可能ですので、ぜひご覧になってみてください。

※推奨ブラウザ
通常版:Internet Explorer
マルチデバイス版:Internet Explorer、Microsofr Edge、Google Ghrome、Safari
※OSのバージョンや機種特有の問題により一部の端末では正常に動作しない場合があります。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いにつきましては個人情報保護方針をご確認ください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう