おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

タレントマネジメントとは 人材育成で企業の成長を図る戦略人事を解説

タレントマネジメントとは、従業員のタレント(英語で才能の意味)・業務経験・スキルなどをデータとして一元管理し、人材の適性配置や育成・教育などに活用する人事管理の方法です。

終身雇用や年功序列が定着していた日本でも、近年は成果主義の導入やグローバル化などにより転職が当たり前になりつつあります。
優秀な従業員が転職していってしまうと、その穴埋めに苦労する場合が多いのではないでしょうか。新たに採用活動をするにしても、ミスマッチなどの失敗は避けたいものです。

今、タレントマネジメントが注目されているのは、この問題を解決できる可能性があるからです。
本稿では、タレントマネジメントについて、導入のメリットや注意点について解説します。


1. タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、従業員個人の経歴や能力などをデータとして一元管理し、全社的・組織的な視点で戦略的にマネジメントをする人事管理の方法です。

タレントマネジメントの概念は1990年代にアメリカで誕生し、日本では2010年代から注目され、広く知られるようになりました。

タレントマネジメントの最大の特長は、従業員を適材適所で配置し、その適性を有効活用することです。
そして、その最終的な目標は、従業員を適正配置することで一人ひとりのパフォーマンスを上げ、企業を成長させることにあります。

以前から、人事管理の課題の一つとして、いかに優秀な人材を多く獲得するかということがありました。しかし現在は、少子化などの影響から、限りある人材を適切に育成・教育することを重視する傾向に変わってきています。

少数でも継続的に企業を発展させるため、個々の従業員の適性や経験に着目し、それらを伸ばし、活用していこうという人事管理の方法が、タレントマネジメントなのです。


2. タレントマネジメントが注目される理由

1990年代にアメリカで誕生したタレントマネジメントが、なぜ今、注目されているのでしょうか。

従来は、企業が終身雇用や年功序列を保証していました。終身雇用のもとでは、新卒で一括採用された従業員は「職種」ではなく、その「企業」へ就職します。そのため、多くの企業ではジョブローテーションで部署を異動させながら、幅広い知識や経験を持つ従業員を育成しました。従業員は配置されたポストでそれなりに働くため、年功序列である程度の評価を与えて、定年まで勤めさせることが可能だったのです。この時代、従業員の能力や適性は二の次に考えられていました。

しかし、バブル崩壊からリーマンショックを経る中で、年功序列から成果主義への移行が大きな流れとなりました。人材の流動化やグローバル化が進み、終身雇用・年功序列の考え方も変化していきます。その結果、従来の人事管理では、従業員の育成も、優秀な従業員の離職を防ぐことも難しくなってきました。
加えて、不況や少子化による労働人口の減少により、優秀な人材の採用が難しくなり、限られた人数で企業を運営する必要に迫られました。

このような状況に対応するには、今いる従業員の能力やスキルを正確に把握し、それに則った育成計画と最適なポストへの配置によって、優秀な従業員を育成し、また離職を防ぐことが重要です。
そこで、タレントマネジメントが注目されるようになりました。


3. タレントマネジメント導入のメリット

タレントマネジメント導入のメリットとして、以下のようなことが考えられます。

3-1. 企業のメリット

・従業員を適材適所に配置できる
従業員個人の能力や業務経験、スキルなどをデータで一元管理するため、その能力を最大限に生かせるポストに迅速に配置することができます。
転職者が出た場合に、空いたポストに適した人材が社内にいるかどうか、すぐに確認することも可能になります。

・事業展開がスピーディになる
新規事業やプロジェクトの立ち上げの際、スムーズに従業員の選抜ができるため、迅速に事業を展開することができます。

・計画的な従業員の育成をすることができる
組織全体の中で従業員にどのような役割を担ってもらうか、総合的な視点で今後の育成計画を立てることができます。

・人材採用に活用できる
現在、どのような能力や業務経験を持った人材が不足しているかが可視化できるので、採用活動にも役立ちます。

・適正な評価を与えることで従業員の離職を防ぐことができる
適材適所で実力を発揮する従業員に適正な評価を与えることができます。従業員は自信を深めて、さらに意欲的に仕事に取り組むようになります。結果として、優秀な従業員の離職を防ぐことにつながります。

厚生労働省の資料によると、日本におけるタレントマネジメントの導入状況は、2012年度にはわずか2.0%でした。しかし、その後は緩やかに増加し2017年度には7.1%になり、試験導入中・準備中を含めると、25.1%にまで上昇しています。
また、売上高が高い企業ほど、タレントマネジメントの導入割合が高くなっているというデータも出ています。

このようなメリットから、タレントマネジメントを導入する企業は、今後ますます増えていくと予想されます。

参考)厚生労働省 平成30年版 労働経済の分析 -働き方の多様化に応じた人材育成の在り方について- コラム2-4 ICT・AI等を活用したタレントマネジメントについて
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/18/dl/18-1-2-2_03.pdf

3-2. 従業員のメリット

・自身の能力を最大限に発揮できる
適材適所で配置されるため、自身の能力を最大限に発揮しやすくなります。

・仕事が成功する好循環が生まれる
適切な配置で存分に実力を発揮して仕事が成功すると、適正な評価を得て自信がつきます。すると次の仕事へのモチベーションもアップするという、好循環が生まれます。

・キャリアアップに役立つ
自身の能力や業務経験がデータで整理されるので、これから自身に必要になる能力や足りない業務経験などを確認できます。

タレントマネジメントによって、従業員が自身のキャリアパスを構築していけるのも大きなメリットと言えるでしょう。一人ひとりの成長が企業の成長につながっていくのです。


4. タレントマネジメント導入の注意点

タレントマネジメントは、システムの導入を伴いますが、ただ導入するだけでは失敗に終わってしまう可能性があります。
どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

・収集する情報と、収集した情報の整理・システム維持の仕方を明確にする
従業員から情報を収集する際、闇雲に色々なデータを収集しても、いざという時に情報量が多すぎて必要な情報が引き出せず、結局活用できないという状況に陥りがちです。
まずは収集が必要な情報を洗い出し、収集後の整理・システム維持の方法を明確にすることが必要です。

・トップダウンで導入の必要性を周知する
従業員から情報を収集する際、プライバシーの問題もあり、情報提供に協力的でない従業員がいる場合があります。また、能力などに基づいた異動の際、異動元と異動先、双方の部署で従業員の情報が共有されなければなりません。人事部以外の、全部署、全従業員の協力が必要です。
まずは経営陣がタレントマネジメントをしっかり理解し、目的や目標を定め、導入の必要性を全社に周知徹底することが重要です。

全社規模で社内の環境整備をすることで、タレントマネジメントの導入がスムーズになり、後々も使いやすいシステムを構築することが可能になります。


5. タレントマネジメントシステムの活用

タレントマネジメントを成功させる鍵は、従業員の育成と適正配置を両輪で進めていくことといえます。
そこで、タレントマネジメントシステムに学習管理システム(LMS)を取り入れると、より効果的に運用することができます。
LMSでは、学習計画の策定から能力開発の実施、教育履歴や習得スキルのデータが蓄積されます。タレントマネジメントシステムにLMSを取り入れる、あるいは、タレントマネジメントシステムとLMSとを連携することで、職務に必要な能力やスキルを可視化し、対象となる従業員に教育を実施していくことができます。その結果、人材配置がより適切、効果的になるのです。

>>学習管理システム(LMS)の活用についてはこちら
eラーニングの教育施策6選 目的に応じた戦略的な活用で効果を最大化
LMSとは何か eラーニングの枠を超え進化し続ける人材教育ITシステム
eラーニングと研修を「いいとこどり」するには 進化するLMS活用法


6. まとめ

タレントマネジメントとは、従業員個人の経歴や能力などをデータとして一元管理し、全社的・組織的な視点で戦略的にマネジメントをする人事管理の方法です。

タレントマネジメントの最大の特長は、従業員を適材適所で配置し、その適性を有効活用することです。
そして、その最終的な目標は、従業員を適正配置することで一人ひとりのパフォーマンスを上げ、企業を成長させることにあります。

タレントマネジメント導入のメリットとして、以下のようなことが考えられます。

◆企業側のメリット
・従業員を適材適所に配置できる
・事業展開がスピーディになる
・計画的な従業員の育成をすることができる
・人材採用に活用できる
・適正な評価を与えることで従業員の離職を防ぐことができる

◆従業員側のメリット
・自身の能力を最大限に発揮できる
・仕事が成功する好循環が生まれる
・キャリアアップに役立つ

一方、タレントマネジメントを導入する際に注意しなければならない点もあります。

・収集する情報、収集した情報の整理・システム維持の仕方を明確にする
・トップダウンで導入の必要性を周知する

タレントマネジメントが注目されているのは、終身雇用や年功序列がなくなりつつあり、従来の人事管理のやり方が通用しなくなってきているという、雇用環境の変化があります。
人材の流動化が進む現在、従業員の育成と最適なポストへの配置をうまく組み合わせながら、優秀な人材を育て、離職を防ぐことが重要です。
その際、学習管理システム(LMS)を取り入れると、より効果的な運用が期待できます。

これまでの人事管理の方法ではなかなかうまくいかなくなってきた、とお考えの場合は、タレントマネジメントの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が17年で1,100社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。