ソーシャルラーニングとは 個人の成長とナレッジの共有化を実現する新手法

ソーシャルラーニングとはソーシャルメディアを通じて行う学習形態です。
「教える側と学習する側」という役割が固定されておらず、参加者がソーシャルメディア上で教え合い、学び合うという相互性が特徴です。

ソーシャルメディアというと、例えばTwitterFacebook、ブログ、YouTubeWikipediaなどが挙げられます。本ブログもソーシャルメディアの一種ですので、この記事をお読みいただいている方も、ソーシャルメディアを利用されていることになります。

ソーシャルメディアはいまや日本中、世界中の人々を何らかの共通点で結ぶ壮大なネットワークを作り上げています。このネットワークを学習に活用しようという動きが、ソーシャルラーニングです。

本稿では、特に企業の人材育成、ナレッジマネジメントへの活用という視点で、ソーシャルラーニングの特徴、メリット、デメリットのほか、導入や運用にあたっての注意点を説明します。ぜひ参考にしてみてください。


1.ソーシャルラーニングとは

ソーシャルラーニングとは、主にTwitterFacebook、ブログ、YouTubeWikipediaなどのソーシャルメディアを利用する学習形態を指します。従来の学習形態である「教える側と学習する側」といった役割が固定化された学習方法ではなく、参加者が相互に教え・学ぶことができる学習形態がソーシャルラーニングです。

例えば、ある参加者が疑問やわからないことを、ソーシャルメディアを通じて質問し他の参加者がそれに答えていくという形態がソーシャルラーニングになります。これを企業に導入すれば職場の同僚、他部門の社員だけでなく、関連会社の社員や取引先などとの相互学習ができ、参加者間のナレッジの共有も可能です。

ソーシャルラーニングをみごとナレッジの共有に昇華させた例として、米国IntelのIntelpediaがあります。IntelpediaはWikipediaのIntel版で、2005年にIntelの一人の技術者によって開発されました。はじめは、同僚が企業や製品の情報を簡単に調べられるように作られただけでしたが、利用者は社内で徐々に増え、2008年には8,500人以上が利用するサイトに成長。利用者が作成したページはおよそ25,000に上りました。
その後、Intelpediaは米国Intelの巨大データベースとなりました。ソーシャルラーニングが拡大・浸透した好例といえるでしょう。

この例のように、ソーシャルラーニングは個々の従業員が保有する業務上の経験・ノウハウなどの暗黙知を見える化し、企業としてのナレッジに昇華させる可能性を持っています。そのため、企業の中にはソーシャルラーニングをナレッジマネジメントに活用し、競争優位の源泉にしようという動きもみられます。

こうした動きは、従業員の世代の移り変わりとも連動しています。今後中堅となっていく、いわゆるミレニアル世代は、SNS等で他者とコミュニケーションを取ることに慣れています。こうしたことからも、ソーシャルラーニングは今後さらに普及していくと考えられています。


2.ソーシャルラーニングのメリット

ここではソーシャルラーニングの導入によるメリットを確認しましょう。

・実践的な学習が可能
ソーシャルラーニングで先輩や上司などから実務でのさまざま知識・ノウハウの提供や助言が受けられるため参加者は実践的な知識が得られます。初めての業務のやり方、問題への対処法、失敗後の再発防止法などを他の経験者から情報が得られ役立つのです。

・企業におけるナレッジの蓄積に有効
優れた知見も個人が保有しているだけでは効果は限定的ですが、ソーシャルラーニングを通じて全社的に共有され、企業のナレッジとなれば、大きな成果にも繋がります。

・個別対応の学習が可能
全員が同じ内容を学習する従来の研修や授業と異なり、ソーシャルラーニングは個人が知りたい内容、困っていることを随時学べる個別対応的な学習形態です。

個人の成長を実現しつつ、彼らによる実践を通じて真に有効なナレッジだけを抽出し、企業の財産とできることが、企業におけるソーシャルラーニングのメリットといえるでしょう。


3.ソーシャルラーニングのデメリット

次に、デメリットを確認しましょう。

・計画的な能力開発には向かない
ソーシャルラーニングは個々の参加者が任意のタイミングで任意のテーマを学習する、自由度の高い学習形態です。よって、一定の目標を掲げ、計画的に行われる能力開発プログラムのメインツールとして活用することは難しいでしょう。通常の研修に導入するのであれば、質疑応答や希望者による自由なディスカッションなど、補助的な役割が向くと言えます。

・参加者任せにすると学習が停滞する可能性がある
ソーシャルラーニングは参加者主体で行われるのが基本ですが、かといって放置された状態では、利用者が増えず、形骸化してしまう可能性があります。参加者間での質問・相談と回答などが活発になるよう、ときには会社側からの働きかけも必要でしょう。


4.  ソーシャルラーニングの導入・運用での注意点

ここでは、上記のデメリットも踏まえつつ、導入や運用では次の点に注意しましょう。

・運用ルールをしっかり定める
どのソーシャルメディアを使うか、どのような情報を提供しあうかといった導入・運用上のルールづくりが必要です。重要な社内情報を扱う場合などはSNS等ではなく社内ネットワークの利用が求められます。また、SNS等を利用する場合は、外部に提供できる情報について規定しておかねばなりません。

・学習を活性化するための工夫をする
参加者の自発性に任せるだけでは学習活動が低調になりかねないため、活性化する仕掛けが必要です。ソーシャルラーニングを運営担当やチームを設置して、学習活動について一定のコントロールを行うとよいでしょう。

例えば、定期的に有識者のコメントを掲載するようにしたり、話題になっているテーマを全社メール等で通知して参加を促すなどの工夫が考えられます。

・効果の確認と改善活動を行う
仕組みが形骸化しないよう、施策としての質を高めていく姿勢が重要です。ソーシャルラーニングが従業員の知識・能力の向上や社内のナレッジの蓄積にどのように役に立ったか、そこから革新的なアイデアにつながるような発見があったか、といった内容を定期的に確認し、必要に応じて運営方法を見直していきましょう。


5.まとめ

ソーシャルラーニングとは、TwitterFacebook、ブログ、YouTubeWikipediaなどのソーシャルメディアを利用する学習システムです。参加者が相互に教え・学ぶという相互学習が特徴になっています。

ソーシャルラーニングでは以下のようなメリットが期待されます。

・実践的な学習
・企業でのナレッジの蓄積
・個人が望む学習が可能

逆にソーシャルラーニングには以下のようなデメリットがあります。

・計画的な能力開発には不適切
・参加者の運営だけでは学習の促進は困難

そのためこの学習方法の導入・運用では以下のような点を注意しなければなりません。

・運用に関するルールづくり
・学習を活性化する仕組み
・効果の確認と改善活動

ソーシャルラーニングは個々の従業員の能力向上に役立つだけでなく、その経験やノウハウの見える化を通じて、組織としての成長を促します。業績に直接的に影響するようなイノベーションもあり得るかもしれません。

また、従来のOJTや研修等と併せて行うことで、意見交換や疑問を解消するための場として活用することができるでしょう。

従業員に学ぶ習慣をつけさせたい、ナレッジマネジメントを始めたいという方は、この機会にソーシャルラーニングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

e-ラーニングのイメージ画像■効率的な社員教育によって生産性を上げたい
■社員、従業員教育にもっと力をいれたい
■全社的なスキルの底上げ・均質化を実現したい

当メディアを運営する株式会社ライトワークスは、 大企業での豊富な実績を基に、

・堅牢で豊富な機能を持ち、統合的な学習管理を可能にするLMS

・さまざまなニーズに対応する多様な教材
・グローバル人材の育成プログラム

を提供しており、人材育成におけるあなたの課題を解決します。
まずはお気軽に無料でお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう