おすすめ記事

人材育成の効率的な進め方 企業に役立つ手法,プログラム,ツール紹介

ベトナム人留学生が日本で学べる奨学金に応募する方法と4つの留意点

奨学金に応募する流れや手続きが複雑で、「こんなに時間とお金をかけて、それでも奨学金の試験に合格できなかったらどうしよう」と不安になる方は多いと思います。

でも、だからと言ってやらずに諦めてしまうのはもったいないことです。私は経験者として、一回準備したもの、身につけたことは決して無駄なことにならないと信じています。

本稿に奨学金に応募する方法と流れを解説してから、応募する際の留意点もご紹介いたします。

masman

ホアン・ティ・トゥイ・ヴァン

ハノイ国家大学人文社会科学大学卒
名古屋大学・日本法教育研究センター(ベトナム)日本語講師
茨城大学、専修大学、東京外国語大学(2021年3月現在)への留学経験あり。
株式会社ライトワークスのパートナーとして主にベトナム人留学生や日本で働くベトナム人材向けの支援プロジェクトに参画中。
詳細プロフィールページへ


1. 奨学金の応募し方・流れ

日本留学の奨学金に応募するためには、どのような順番で行えば良いのか、一緒に見ていきましょう。

1-1. 日本留学計画書の作成

高校を卒業してからすぐ日本への留学を検討しているなら、最初に作成しなければならないのは日本留学の計画書です。日本留学の目標、日本での学習課程を具体的かつ明確に書いてみましょう。

例えば、日本語学校で何年勉強するのか、日本語学校を卒業した後、進学するのか、どんな専門に興味があるのか、などの項目についてまとめます。

どの奨学金においても、留学の計画や目標は明確であればあるほど、獲得しやすくなります。

1-2. 留学先の学校と申請する奨学金を探す

 それから、留学先の学校と奨学金を同時に探しましょう。国費奨学金以外、様々な種類の奨学金があるので、積極的に調べる必要があります。

なるべく色々なリソースから大量の情報を収集しておくべきです。情報が多ければ、多いほどご自身に合った奨学金を見つけやすくなります。調べる上で、奨学金の応募条件、申請方法なども確認しましょう。

また、留学先の学校を調べるにあたり、きちんとしたホームページがあるかどうか、そのホームページに学習コース、学費表、学校の活動が明確に掲載されているかどうか、なるべく細かくまで丁寧にチェックしてください。学校についての情報が明確に掲載されていると、信頼性が高く、安心です。

1-3. 提出書類の作成

次に提出書類を作成します。
必要な書類は以下のとおりです。

・卒業証明書
・成績証明書
・語学(日本語、英語)検定能力試験の証明書
・パースポート及び身分証明書の写し
・推薦状
・学校側、奨学財団側に要求される書類

これらをきちんと確認した上で、準備を進めなければなりません。

書類作成が完成したら、学校や奨学財団の案内に従って提出してください。提出後、書類審査を通ると、筆記試験や面接試験に進みます。奨学金によって、試験の種類が異なります。


2. 4つの留意点

以上、奨学金に応募するための一般的な流れを簡単にご紹介しましたが、準備する段階や応募するに当たって、いくつかの留意点があります。

2-1. 早めに準備を始める

奨学金の応募は、なるべく早めに準備を進めましょう。奨学金によって、応募する期間・時期が異なりますが、6ヶ月〜1年間かかることは珍しくはありません。

例えば、国費奨学金は募集のお知らせが出てから、正式に留学できるまで1年間もかかります。そのため、卒業後すぐ留学を考える方は高校2、3年生から準備を進めておくことをおすすめします。

優秀な成績を収めるのと、積極的に社会活動に参加するのも必要です。

2-2. メンターに相談に乗ってもらう

応募する予定の奨学金を受けた経験があるメンターに相談に乗ってもらいましょう。

学校・奨学金を探すこと、書類を作成すること、試験を受けること、それぞれの段階についてメンターの経験や留意点をしっかり聞きましょう。

2-3. Facebookのグループを探す

応募する予定の奨学金を受けた経験がある人たちが集まるFacebookのグループを探してみましょう。近年では、同じ奨学金を受ける人たち間のネットワークを強化するために、Facebookでグループを作成し、お互いに情報を共有したりすることが多くあります。

そのグループに加入し、分からないことがあれば、遠慮なく質問してください。先輩たちは熱心に回答してくれるでしょう。

2-4. 自身の能力に合った奨学金を申請する

ご自身の能力に合った奨学金に申請しましょう。その奨学金の対象者、応募要件を確認した上で、応募した方が獲得率が高く、時間も節約できるからです。

例えば、奨学金によって、優秀な成績を有する人を重視するか、経済的に困っている人を重視するか、それぞれの対象者が異なります。そのために、自分の状況をよく考え、その奨学金の条件を満たすかどうか、確認しましょう。


3. まとめ

奨学金の応募手順を簡単にまとめます。

・日本への留学計画作成
・留学先の学校と奨学金調査
・提出書類作成
・書類提出
・奨学金試験(筆記試験、口頭試験等)

ここで一番気を付けなければならないことは時間と締め切りを厳守することです。

奨学金に応募する際の留意点も、覚えておきましょう。

・早めに準備を進めること
・メンターを付けること
・相応しいSNSグループに加入すること
・ご自身の能力・条件に合った奨学金に申請すること

日本で学ぶことは夢の第一歩です。ぜひあきらめずに奨学金の応募に挑戦してみてください!