おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

リアルタイムフィードバックとは 組織力を高める新しい人事評価制度を解説 

リアルタイムフィードバックとは、時間を空けずに部下にフィードバックをすることで、その成果を高め、適切な評価をしていこうという人事評価制度です。

これまでの人事評価は、半年一回、あるいは一年に一回、上司が部下と面談し、評価を決めるというやり方でした。
しかし、「期初に立てた目標が全く見直しされないままで現状と合っていない」、「半期に一度の面談では振り返りしようにも記憶が曖昧」、「上司が何を評価しているのかがよくわからない」など、人事評価に対して納得感が持たれていないというのが実態ではないでしょうか。

過去の業績評価から、評価を今後の成果向上に活かす方向へ。上司は部下の管理から成長を支援する立場へ。リアルタイムフィードバックを導入し、人事評価制度の転換を図る企業が増えています。
本稿では、リアルタイムフィードバックについて、メリットや導入の注意点とともに解説します。


1. リアルタイムフィードバックとは

リアルタイムフィードバックとは、都度、あるいは一、二週間に一度のような高い頻度で上司が部下に業務の振り返りやアドバイス、評価をする人事評価制度です。

このリアルタイムフィードバックが注目されているのは、これまでの人事評価のやり方に次のような問題点があるからと言えるでしょう。
・ビジネス環境の変化のスピードが速く、半年前、あるいは一年前の目標では現状と合わなくなっている。
・振り返るときには記憶が曖昧だったり、状況が変わったりしているため、適切で効果的なフィードバックにならない。
・働き方や仕事への価値観が多様化する中で、単一的な基準による評価への不満が生じている。

リアルタイムフィードバックの特長は、即時性、高頻度、具体的という点にあります。
では、リアルタイムにフィードバックを導入することでどのようことが期待できるのでしょうか。次章で見ていきましょう。


2. リアルタイムフィードバックのメリット

リアルタイムフィードバックを取り入れるメリットとして次のことが挙げられます。

・フィードバックの効果が期待できる
タイムリーなフィードバックにより、具体的に業務の振り返りができ、何をどう改善すればよいかの気づきにつながります。

・状況にあった目標に軌道修正しやすい
目標に対して今、部下やチームがどの地点にいるのかを確認する機会になり、目標や業務内容を現状に照らして軌道修正することができます。

・モチベーション向上
部下にとっては、上司が常に自分をサポートしてくれているという安心感はモチベーションの向上につながります。積極的に業務に取り組めるようになり、成長が期待できます。

・業務内容や課題の適切な把握
上司は部下と接する機会が増えるため、部下の業務の状況や抱えている課題などを適切に把握することができるようになります。

・人事評価への納得感
上司・部下間で日頃からコミュニケーションが取れているため、双方の認識のずれが生じにくく、人事評価に対する納得感を高めます。

リアルタイムフィードバックで、コミュニケーションが増えればチームや職場が活性化し、組織力を向上させていく原動力にもなります。また、従業員のエンゲージメントが高まり、離職率の低下も期待できます。


3. リアルタイムフィードバックの注意点

リアルタイムフィードバックは、高い頻度で上司と部下の面談の機会を設ければよいというものではありません。では、導入や運用にあたって、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

・上司がフィードバックに積極的になる
リアルタイムフィードバックが制度として導入されても、部下から「やってください」とは言い出しづらいものです。上司自身がプレイングマネージャーとして多忙であることが珍しくない現在、上司がリアルタイムフィードバックに積極的でなければ制度が形骸化してしまう恐れがあります。
上司のリアルタイムフィードバックへの取り組み方やその内容が評価されるような仕組みも、リアルタイムフィードバックを組織に定着させるのに効果的な手段となり得るでしょう。

・部下を「主役」に考える
リアルタイムフィードバックには、個人の成長が組織全体の成長につながるという考えがベースにあります。目的は部下の成果を高め、成長を支援することであり、上司が部下を管理するための手段ではありません。上司は部下をフォローする立場として関わっていくことが求められます。

・関係者への負担増にならない工夫をする
部下の人数が多くなれば、上司がリアルタイムフィードバックに割り当てる時間も増えます。リアルタイムで、質の高いフィードバックにするために、新しいツールやサービスを利用するのも有効でしょう。

・上司のフィードバックスキル
効果的なフィードバックのためには、上司がコーチングや傾聴のスキルを身に付けていることも必要です。そのための研修や学習を取り入れるなど教育制度の見直しも求められます。

人事だけでなく教育制度の刷新、そしてマネジメント層の意識改革がリアルタイムフィードバックを組織に定着させるためには重要です。

「フィードバック」をeラーニングで社員教育

eラーニング教材:メンバーのエネルギーを引き出す「フィードバック」

今どきの若手社員のエンゲージメントを高めるには?

現在、職場ではグローバル化や世代間の考え方の違いなど人材の多様化が進んでおり、「あうんの呼吸」のような間接的なコミュニケーションは、通用しなくなっています。本教材では、フィードバックとは何かを理解し、適切なフィードバックが、個人および組織の成長を促すことを理解します。また、ポジティブ・フィードバックと、ネガティブ・フィードバックについて、それぞれの特徴と使い方を習得します。

本教材で、効率的に「フィードバック」の社員教育をしてみませんか?


4. まとめ

リアルタイムフィードバックとは、一、二週間に一度のような短い間隔で、上司が部下に業務の振り返りやアドバイス、評価をする人事評価制度です。

このリアルタイムフィードバックを導入する企業が増えているのは、これまでの年次評価が現状に合わなくなっているという実態があります。
言い換えれば、リアルタイムフィードバックの即時性、高頻度、具体的という特長が、ビジネススピードの速い現状に即しているということでしょう。

リアルタイムフィードバックのメリットとして以下のようなことが挙げられます。
・フィードバックの効果が期待できる
・状況にあった目標に軌道修正しやすい
・モチベーション向上
・業務内容や課題の適切な把握
・人事評価への納得感

リアルタイムフィードバックによって、コミュニケーションが増えるため、チームや職場が活性化し、結果として組織力を向上させることが期待できます。働きやすい職場になれば、従業員エンゲージメントも高まり、離職率の低下につながっていきます。

しかし、導入すれば機能するというものではありません。効果的なリアルタイムフィードバックにするには、注意すべき点もあります。
・上司がフィードバックに積極的になる
・部下を「主役」に考える
・関係者への負担増にならない工夫をする
・上司のフィードバックスキル

リアルタイムフィードバックは、個人の成長が組織の成長につながるという考え方に基づいた人事評価制度です。評価する側(上司)、される側(部下)とのコミュニケーションを増やし、目標や業務内容、課題意識を共有、確認しながら上司が部下の成長を支援していく中で適切な評価をしていこうという仕組みです。
自社の人事評価制度にはどのような問題点があるか、リアルタイムフィードバックを取り入れる必要性はあるか、この機会に見直してみては如何でしょうか。

リーダー層のソフトスキルを向上させる
eラーニング

「中間管理職のためのチームマネジメントシリーズ」

「部下・後輩の育成」は中間管理職に求められる最も重要な役割の一つです。
しかし、時間のない中、部下のモチベーションを上げ、業務能力を伸ばすことは容易ではありません。

大企業のお客様のリーダー教育に関するお悩みを聞きつつ、中間管理職が培うべき「人間力」に注目して開発した「中間管理職のためのチームマネジメントシリーズ」。

豊富なケーススタディを元に、人を育て、組織を作り上げるスキルを持つ人材を育成しましょう。

<教材ラインナップ>

【メンバーのエネルギーを引き出す フィードバック】
【部下の成長を後押しする キャリアデザイン】
【部下を一人前に育てる デレゲーション】
【風通しのよい職場をつくる チームビルディング】
【しなやかなチームをつくる ダイバーシティ】
【タフな相手を説得する アサーティブコミュニケーション】

無料にて教材のプレビューが可能ですので、ぜひご覧になってみてください。

◆動作環境◆
教材の動作環境については、当社HPの製品サポートページをご覧ください。
※OSのバージョンや機種特有の問題により一部の端末では正常に動作しない場合があります。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いにつきましては個人情報保護方針をご確認ください