花街のシステムに学ぶモチベーション維持の極意 なぜ15歳の少女が厳しい職場に耐えられるのか?

「今どきの若者は…」

あなたが若手を育成する立場にある方なら、口にはせずとも、こう思ったことがあるのではないでしょうか。仕事に対して意欲を感じない、成長する気があるのかどうかもわからない、そんな風に嘆く前に、若手のモチベーションを向上し、維持するために、あなたがしてあげられることがあるかもしれません。

舞妓さんはご存知ですよね?

舞妓さんは15歳で修行に入り、厳しい世界でモチベーションを維持しながら一人前を目指していきます。誰が見ても大変そうな花街で、なぜ年端もいかぬ少女たちがきちんと一人前の舞妓さんに育成されているのでしょうか。答えは花街の人材育成システムに見ることができます。

本稿では古いしきたりを守る厳しい職場環境に耐えて、プロとして成長していく舞妓さんについて、人材開発という観点から見ていきたいと思います。そこには伝統に裏打ちされた人材育成の方法論があるのです。舞妓さんのモチベーションを育む花街の智恵は、企業で若手を育成する立場にあるリーダーの方にもきっと参考になるはずです。

それでは京都花街の世界へ「ようこそ、おこしやす」

1. 舞妓さんとは?

今日の舞妓さんは、そのほとんどが京都以外の日本各地の中学を卒業して、日本舞踊や邦楽のお稽古の経験がないまま、祇園に代表される京都の花街にやってきます。

1年間の修業生活を経て、サービスのプロとしてお座敷にデビューします。そして20歳ごろに舞妓を卒業して、芸妓(げいこ)として独立して花街で生きていくか、別の道に進むかを自分で選択します。

2. 舞妓さん vs. ビジネスパーソン

花街における舞妓さん育成は、ビジネスにおける若手育成とは関係がないように思うかもしれませんが、共通項の方が圧倒的に多いと言えます。なんと言っても、舞妓さんはプロのビジネスパーソンに勝るとも劣らぬ高度技能専門職です。

おもてなしというプロフェッショナルサービスを提供するためには、日本舞踊はもちろんのこと、三味線、太鼓、鼓、笛などの邦楽器を演奏し、長唄、小唄、常盤津などを唄い、立ち居振る舞いの基礎として茶道のたしなみもなければなりません。

芸事を習得するだけでも大変な努力が求められるうえに、現場であるお座敷では芸事の披露に加え、お客さんの心を読んで最適なおもてなしを提供するスキルが問われます。海外での仕事も増えているので、グローバル人材としてのスキルも磨かなければなりません。10代にしてサービス業のプロ中のプロと言えるのです。

「舞妓さんはあこがれの職業だから苛酷な環境でも頑張れる。うちの若手社員とは話が違う」と思う人もいるかもしれません。しかし、広辞苑によると舞妓は「舞を舞って酒宴の興を添える少女」となっています。そこにはステータスの高さを感じさせる響きは何もありません。かつては経済的なことや義理に縛られて花街に来ることを余儀なくされたケースも多かったはずです。

「舞妓さんはあこがれの職業」というのはまさに彼女たちの必死の努力によって自ら勝ち得たステータスなのです。ビジネスも同じではないでしょうか。自分たちの仕事があこがれの仕事になるかどうかは自分たちの努力や創意工夫にかかっているのです。それがプロの世界というものです。

ただ、いくら舞妓さんがあこがれの仕事だと言っても、それだけで続けることができるほど生易しいものではありません。職場環境の厳しさはブラック企業も顔色を失うほどです。大学を出てから社会に出るビジネスパーソンに対して、舞妓さんは、15歳というまだまだ人間的にも未熟な状態でプロの世界に身を投じなければなりません。衣食住は提供されますが、給料はありません。休みは月に2回しかありませんし、共同生活なのでプライバシーもありません。

その日常は、朝8時頃に起きて身支度を整えることから始まります。10時には芸事を教える学校[1]に行って14時頃まで稽古をし、16時からお座敷にでるための準備(白塗りのお化粧と着付け)をします。そして、18時にはお座敷に出て深夜まで働き、お化粧を落として着替えて床に付けるのは深夜2時頃です。気力も体力も求められるタフな毎日が続くのです。

[1] 花街毎に芸事を教える学校(女紅場)がある。「にょうこうば」と言う。

3. 舞妓さんを育成する仕組み

舞妓さんの育成において特徴的なことは、キャリアパスが年齢と経験年数によって明確に決められている点です。舞妓さんとしてのキャリアは5~6年と決して長いものではありませんが、その期間を6つもの段階に分けてステップアップしていくようになっているのです。それが舞妓さんのモチベーションを形成する要因となっているのです。

「そこまで細かくはないが、うちの職場でも似たようなことはやっている」とおっしゃる方もいると思いますが、段階に分けるだけではキャリアパスとは呼べません。大事なことは、それぞれの段階におけるゴールが明確になっていること、さらに、ゴールを達成できる仕組みをちゃんと用意していることです。

この課題に対して、花街はユニークなゴール設定と周囲からかけられる「京ことば」によって少女たちがゴールを達成できる仕組みを作り上げています。キャリアの形成においては、教えられたことと現場での体験を結び付けて、自分なりの意味や意義を見つけて「あぁ、そうなんだ」と納得することが不可欠です。花街では舞妓さんが育成される過程で周囲から様々な「京ことば」がかけられます。それによって舞妓さんたちが何かに気づいたり発見したりできる瞬間が訪れるようにしているのです。

それでは、段階ごとにその仕組みを見ていきましょう。

3-1. ステップ1:仕込みさん(15歳から1年間)

舞妓さんとしてデビューするまでの1年間の修業期間を仕込みさんと呼びます。

中学を卒業したら置屋での住み込み生活を始めます。置屋とは、お母さんがいて、芸事やしきたりを教え、着物を用意して、舞妓さんをお座敷に送り出す、いわば芸能プロダクションのようなところです。この期間は、舞妓さんの基本技能である日本舞踊のお稽古が必須となるだけでなく、花街の慣習を覚え、伝統的な京ことばを身につけることも必要となります。仕込みさんは、お化粧はせず、普段着で暮らします。

仕込みさんのキャリアのゴールはどのようになっているでしょうか。もちろん、舞妓さんのキャリアパスはオフィシャルに規定されているわけではないので、あくまでも筆者のリサーチに基づいた見解であることをお断りしておきます。興味深いのは、仕込みさんを卒業する1年後に日本舞踊などの基本技能がどこまで到達するかというような常識的なゴール設定がされていない点です。

そのようなゴール設定をしないところに、伝統に裏付けられた知恵が感じられます。それは、「芸の道に一人前という言葉はない」という教えに象徴されているように、努力を怠ることを厳しく自戒し、継続する意志を持ってずっと精進していくことが、花街で働く人間の基本的な心構えとされているからです。

仕込みさんが目指さなければならないゴールは次の2つです。

1. 職場(先輩、置屋、花街)に受け入れられること
2. 学ぶ姿勢を身に付けること

このゴールを達成するために、仕込みさんには次のような言葉がかけられます。

『電信棒見ても、おたのもうします』(電柱を見ても「よろしくお願いします」)

花街に限らず、ビジネスでも仕事というのは人のネットワークで行われます。チームも人間関係をベースにして動きます。したがって、新人はまず周囲に受け入れられる必要があります。一方で、プロのネットワークに受け入れられるためにはスキルがないとダメです。そこでスキルのない新人はどうしたらよいか。これに対する花街の教えがあいさつなのです。

プロとしてのスキルがなくてもあいさつはできるだろということです。あいさつをすることによって、職場に受け入れられる努力をするということです。「電信棒見ても」というのは、あいさつをする必要のない相手だったとしても、あいさつの練習ができたと思えば無駄にならないということを言っているわけです。

あいさつの大切さは製造業でキャリアを積んだ知人からも聞いたことがあります。工場では「ご安全に」があいさつになっています。新入社員のときに初めてこれを聞いて「ダセー」と思ったそうですが、実際に事故を経験し、場合によっては仲間を失った先輩たちが「ご安全に」というあいさつにどのような意味を込めているかということを知るにつけ、その言葉の意味や重みに気が付いたということです。

シビアなプロの現場では、あいさつはとても大きな役割を担っているのではないでしょうか。

『教(お)せてもらう用意』(教えてもらう用意)

伝統社会に生きる舞妓さんも現代っ子です。自主性が尊重され、主体的に行動できることを良しとする教育を受けていることに変わりはありません。そのため、他人に尋ねて助けてもらうことの大切さがわかっていないことが多いと言います。何も知らない未知の世界で未熟な自分を高めていくためには、他人に尋ねて助けてもらうことがとても大切です。だから、仕込みさんには「教せてもらう用意」を説くと言います。

教えるというのは、教えられるほうにそれを受け取る姿勢があって初めて成り立つ行為です。教えるのは上司や先輩の役目ですが、新人にも教えてもらう用意をする責務があることを、この言葉は表しています。「教せてもらう用意ができたら、現場でちゃんと教えてもらえます。舞妓さんとしてお座敷に出たら覚えんなんことがいっぱいありますさかいに、その場、その場で、みなさんから教せてもらうことが大切なんどす」とある置屋のお母さんが言っています。

新人が「教せてもらう用意」をするためには、どうしたらよいでしょうか。その基本となるのが先に挙げたあいさつなのです。ある大企業の課長が「うちの若手は出社するとあいさつもしないでパソコンに向かう」と嘆いておられましたが、あいさつが「教せてもらうための用意」や職場に受け入れられるための戦略的なアクションであることを認識していれば、こんなことは起こらないはずです。

ビジネスの世界では、新人の育成のためにOJTができているかどうか、その成果はどうなっているかについてはよく議論されています。しかし、まず必要なことは、仕事経験を通じて上司や先輩からいろいろなことを「教えてもらえる」能力を伸ばすことではないでしょうか。

『頭で考える前に、おいど動かさんと』(頭で考える前に、お尻を動かさないと)

仕込みさんは、頭で考える前に動くことが大事だという教えです。お座敷の現場では何が起こるかわかりません。解説できない不測の事態が起こることも珍しくありません。そこにおいて臨機応変の対応ができないようではプロの仕事は務まりません。「なぜこれをしなければならないか」と頭で考えてからでないと体が動かない癖をつけてしまうと、舞妓さんとしてデビューしたときに現場で困るのは自分自身なのだということを、この言葉は教えています。

ビジネスの世界でも行動を重視するアドバイスがよく見られます。一方で、「もっとよく考えろ」というアドバイスもよく耳にします。アドバイスする側は状況に応じた適切な指導をしたつもりでしょうが、未熟な新人は混乱してしまいます。ビジネスも花街も頭と行動の両方が大事であることは間違いありません。花街で成功するのは、美貌ではなくて頭の良い子なのです。ただし、それは行動優先の意味を深く理解できた頭の良い子なのです。

『毎日一緒やから、繕ろえへん』

仕込みさんとして職場に慣れてくると、今度は新しい課題が生まれます、同じしくじりが続いたりすると叱られることが恥ずかしくなり、少しは自分を良く見せたいという欲も出てきて、失敗を隠してしまいたい、ないものにしてしまいたいという気持ちが芽生えだすのです。「毎日一緒やから、繕えへん」はある芸妓さんが仕込みさんのときを思い出して教えてくれた言葉です。

できないことを、恥ずかしくてもさらけ出して教えてもらわないと、自分が伸びない。それができないとプロとしては通用しないという覚悟を仕込みさんのころから養っておくことが、次へと伸びていくための大事なステップになるということです。

いつも取り繕ってその場かぎりでごまかす人か、正直にきちんとやっていこうと努力する人か、どちらのタイプの人と一緒に仕事をしたいかは、問うまでもありません。「毎日一緒やから、繕えへん」という言葉は、職場に受け入れられる人間になるための基本的態度を教えてくれるのです。

3-2. ステップ2:見習いさん(16歳の1か月)

1年が経過して舞妓さんとしてデビューする日が決まると、お座敷をコーディネートするお茶屋さんに毎日行って、お座敷の様子を見せてもらいます。

この実施研修は1か月で、この間は見習いさんと呼ばれます。また、見習いさんを受入れるお茶屋さんを見習い茶屋と言います。見習いさんは、だらりの帯が舞妓さんよりも短い半だらりの帯となっている以外は、舞妓さんと同じ装いでお座敷に出ます。

この研修期間の目的は、先輩の芸妓さんや舞妓さんと一緒にお座敷の現場に出ることで実際の雰囲気に慣れることや、お客様に顔を覚えてもらうことにありますが、キャリアの観点からは、見習い茶屋のお母さんや先輩の芸舞妓さんとの人間関係を形成することがゴールとなります。そのため、見習いさんに対しては、見守ってやろうと思わせるひたむきさを持つことができるような言葉が、周囲の人たちからかけられていきます。

『見せてもろて、よろしおすか』

見習いさんが見習い期間を活かすために大切なのは、周囲の人に教えてもらう用意が整っていることです。芸事の上達には、お座敷での先輩の生のパフォーマンスを見るのが一番です。最初こそお茶屋のお母さんが手助けしてくれますが、そのようなサポートがずっと受けられるわけではありません。お座敷で一緒になった先輩芸舞妓さんたちからお客さんに「お邪魔にならないようにさせますので、舞を見せてもろうて、よろしおすか」と言ってもらえることが大事になります。

そのように言ってもらえるかどうかは、見習いさんの態度次第です。お座敷でお客さまが目にするために披露される先輩の芸事を見せてもらえたことに、心から感謝する気持ちがあるかないかがとても重要になります。一人前になるためには、より良い学習の機会を得て、そのことに感謝し、その機会を活かして自ら学ぶ必要があります。この学習の機会が充実するかどうかは、周囲の助力を頼む「見せてもらう」という言葉の真意を理解し、周囲の人も巻き込めるような、自分の仕事への取組みの姿勢にかかっているのです。

管理職の方から時々、「最近の若手は教え甲斐がない」という声を聞くことがあります。それは、指導に対して感謝する気持ちが見られないということだと思います。しかし、そのような不満を口にする方は、「周囲の人に教えてもらう用意を整える」というゴール設定を若手社員にしているでしょうか。目指すべきゴールを提示されていなければ若手社員もそれに向けた努力をしなくても不思議はありません。

『かわいがってもらいよしや』

見習いさんを育成した置屋のお母さんも、見習い茶屋のお母さんも、この言葉をよく口にされます。未熟だからこそ、ご一緒してくださる方々に溶け込もうという気持ちを見習いさんが持つことが、大切になるのです。必死に周囲に馴染もうという気持ちを持って行動をすることが、「未熟は未熟なりにかわいらしいとこあるなあ、一緒にいるのも悪くはないか」という周囲の受け止め方につながります。

かわいがってもらおうと思えば、先に挙げた「おたのもうします」という簡単なあいさつをすることの意味も、より深く理解できるようになるわけです。毎日お座敷で馴染もうと心がけていれば、少しずつ気にかけてもらえるようになり、アドバイスの言葉もかけてもらえるようになるということです。

『座っているのも、お稽古』

これは、自分が直接教えてもらうことだけが学びではなく、他の人の学習機会に同席しているときもアンテナを伸ばして、自分の得た経験すべてを活用することが大切だという教えです。「自分やったらここはどうしようかと思うてみる。〇〇ちゃんがどこをどういうふうに教えてもろうてはるかをしっかり見てなぁあかんのえ」と教えられます。

見習いさんになると、座っているのがお稽古場とは限らなくなります。お座敷の現場で接客をしつつも、他の芸舞妓さんの様子を見させてもらって、自分の技能を磨くことが求められるのです。「座っているのもお稽古」はプロとして自らを育てていく素地を見習いさんのときにしっかり持つように教えているのです。

ビジネスでは上司と担当者の会話だけが行われて、担当外のメンバーは「我関せず」を決め込むような会議があります。「一日でも早く一人前に」という思いがチーム全員に共有されていたら、そのようなことは考えられないのではないでしょうか。

見習い期間は、あこがれの現場に出られても、やろうと思ってもできないことの連続であることをデビュー前に体験させ、現場に応じた指導がきちんと受けられることを見習いさんにわからせる役割があります。この期間があることで、落ち込むことがあっても、周囲から教えてもらえることでいずれできるようになると知り、将来の自分の能力の伸びに期待を抱けるようにしているのです。

舞妓さんを教える側のマネジメントのうまさがここにあると言えます。

3-3. ステップ3:見せ出し(舞妓さんデビューから1年間)

舞妓さんとしてデビューする日は見せ出しと呼ばれます。

見せ出しから1年が一つのステップになります。出たての舞妓さんは必死に仕事に取組み、努力する意思があっても、現場経験が乏しいために失敗は避けられません。一方で、プロとしてサービスを提供する以上は、一定レベル以上のサービスを行うことが求められます。

そのため、出たての舞妓さんには周囲の人々からフォローをできるだけたくさんもらえ、少しでも技能を磨けるような言葉がかけられていきます。

この段階におけるキャリアのゴールとしては、現場での対応力とリポーティングという2つの基本動作の習得が挙げられます。そして、それを達成する方法を教える言葉が用意されているのです。

『○○姉さん、おおきに』(ありがとうございます)

現場での対応力を身に付けるための具体的な方法として、3つのマジックワードが用意されています。一つ目が「○○姉さん、おおきに」です。

この言葉には2つのポイントがあります。1つは「おおきに」では不十分で、「○○姉さん」と言う点です。もう1つは「おおきに」という言葉の真意です。このフレーズは「〇〇姉さんは、たくさんたくさんせなあかんことがあるのに、不慣れで仕事が十分にできひん新人のうちにまで配慮してくれはって本当に感謝しています」ということを表しています。

このフレーズをその場できちんと言えるということは、自分を育ててくれている周囲の人たちの意図への理解と、それを自分に実行してもらうことへの感謝を、育成される側の自分は明確に気がついていることを相手に伝えることを意味します。だからこそ「○○ちゃんは、きっとええ舞妓はんになりはるえ」と周囲から期待され、技能が不十分でも成長の余地を認められて育っていくわけです。

ビジネスの世界でも他者に対するリスペクトが重視されるようになっていますが、「○○姉さん、おおきに」は相手に対するリスペクトそのものと言ってよいと思います。

『すんまへん』

2つ目のマジックワードが、「すんまへん」です。現場で仕事を覚えていく過程で失敗はつきものです。そんなときに「すんまへん」とすぐに謝れるかどうかは重要なことです。それができないと「どんなべっぴんさんでも、ええ舞妓はんになることは難しおすなあ」と厳しい評価が下されるのです。

「すんまへん」の本質的な意味は謝罪よりも反省にあります。だからこそ言われた方は、「この子は迷惑をかけたことがわかっているなあ。そしてすぐに謝って他人の話を聞く素地があるなあ、ほな、教えてあげよう」と同じ失敗を繰り返さなくてもいいようにアドバイスをしてくれるわけです。

「すんまへん」は失敗を認めて成長するために、ひいてはプロとして仕事を学ばせてもらうために、必要な言葉となっているのです。

『よろしゅう、おたのもうします』

3つめが「よろしゅう、おたのもうします」です。これも相手に対するリスペクトを表す言葉と言えます。その意味は「どうぞしっかり見てください、導いてください」ということです。心配しても自分の能力以上の成果を発揮することはできないし、まして相手がどのような評価をしてくださるのかまで差配することはできません。

精一杯の技能をお見せするように努力するので、「どうぞ、よろしくお願いします」ということになります。どのような評価でもお客様からいただけるものを自分で受け止め、これからも励み続けるという気構えを作っていくから、責任をもって自分の役割を務めるというプロとしての仕事ができるようになるのです。

この3つの簡単な言葉にどのような意味が込められているのか、その意味を、育成する側と育成される側の双方が深く理解しているところに、花街の人材育成の智恵があるのです。

『しょうもないことやさかいに、言わへんのは、あかんのえ』

ささいなことでも置屋のお母さんに報告すること、つまりリポーティングの重要性が説かれます。新人は仕事の全体像が見えていないので、何が大事かを判断する能力はありません。また、報告という基本動作を軽視すると、お母さんからのフィードバックもそれだけ減ってしまいます。その結果、いつまでたっても仕事の全体像について理解できるようになりません。

こうして、やらせてもらう→失敗する→先輩から指摘される→謝る→指摘されたことにお礼を言う→お母さんに指摘事項を報告する→お母さんから指導してもらう、という成長のサイクルが形成されるのです。

見習い期間にはもう一つ興味深いことがあります。スキルの乏しい見習いさんがお座敷でできることは限られています。お酒の残りが少なくなったら新しいものを取りに行くとか、お客さんをお手洗いに案内するとかです。ビジネスの世界にもこのような下っ端の仕事があって、それは概して若手に人気がありません。

しかし、花街の捉え方は少々違います。そのような雑用に難しいスキルは必要とされません。だから新人の舞妓さんでもちゃんとやれます。ちゃんとやれば周囲から信頼を得ることができます。つまり、これは新人の舞妓さんに対して成功体験を提供しているのです。それによって、新人の舞妓さんに自信をつけさせているのです。

ビジネスにおいても、雑用と思われる仕事にどのような意味があるのかということを新人に教えることは、リーダーの大事な仕事と言えるでしょう。

3-4. ステップ4:お紅をさす(舞妓さんになって1年後)

舞妓さんになって1年が経過して、置屋のお母さんがその能力を認めると、上下の唇に紅がさせるようになります。新人を卒業し、プロとしてスキルが求められるようになる段階です。

そのスキルは、座持ちという概念に集約されています。これからは一人前の舞妓さんとして能力を発揮することが求められるので、座持ちの力を伸ばすことが期待されます。そのため、今までとは質の違う厳しい言葉を投げかけるようになります。

この段階におけるキャリアのゴールは、気づきと初心だと言えます。周囲からの指摘を受ける前に自分で気づくということと、そして、初心に返るということです。

『そのままほっとくのが恥ずかしいことや』

間違うことが恥ずかしいことではなく、それを認めず、反省もせず、そのまま放置することが恥ずかしいということです。「すんまへん」と自分の失敗をその都度認めることは舞妓さんの基本中の基本ですが、新人時代を終えて少し仕事がわかるようになると、自分がした間違いがわかるようになります。そうすると、そんな情けない自分を自分で認められず、自分のミスをなかったものとして見逃してしまいたいという気持ちも強くなります。

また、悪知恵も身について、指摘されたら「すんまへん」としおらしく謝ってしまえば事足りると思ったり、ときには原因を他人のせいにしたりもします。このような姿勢は、努力を怠ることにつながります。また、周囲からのサポートも失うことになって、これからの歩みに大きな落とし穴を掘ることになります。

間違いをなかったことにしたいという気持ちに流されずに、ぐっと歯を食いしばれれば、スキルの向上に弾みがついてキャリア形成の道筋も見えてくるのです。

『だれの手も借りてしまへん、みたいに思うたらあかんのえ』

一所懸命に努力することでスキルが上がることは、舞妓さんにとってとても大切なことですが、それが慢心を招くこともあります。これは人間の性なので、舞妓さんの誰もが通る道筋となっています。そのようなときのためにこの言葉があります。これによって1年前のことを思い出させ、だれが一から十まで教えてくれたのかということを再認識させます。だれもが通るこの時期に、初心忘るべからずという思いを持たせよう、大事に見守ってあげようという周囲の思いがこの言葉には込められているのです。

3-5. ステップ5:髷(まげ)替え(舞妓さんになって3年目から)

舞妓さんになって3年目ごろになると日本髪がかわいい「割れしのぶ」から「おふく」に変わります。これを髷替えと呼んでいます。舞妓さんとしては中堅から古参となって後輩の面倒を見るなど、自分のこと以外に目配りができるようになることが求められます。

また、自分の能力の伸びもわかるので、主体的に能力育成に目覚めて、周囲から積極的にフィードバックをもらおうとする姿勢を確立することが、キャリアのゴールとなります。

したがって、より大きな役割を担うことを期待される言葉を周囲からかけられます。さらに、言葉をもらうだけでなく、後輩を指導したり、自分のモチベーションを上げたり、反省を促したりする言葉も、自ら発するようになります。

『出たての人には、出たての良さがある』

後輩の舞妓さんを指導する立場になった舞妓さんに、置屋のお母さんがかけた言葉です。お座敷に出たての舞妓さんは何かと注目を浴びて大事にされるので、先輩としてはやりにくいところがあります。また、出たての舞妓さんのスキルは足りないところだらけですから、ついついダメ出しばかりをしてしまいがちです。

そのようなときに、髷替えをした舞妓さんと出たての舞妓さんを単純に比較することを戒めて、ポジティブな見方で後輩に接するようにと教えているわけです。

ビジネスでもキャリアを積んだ先輩が未熟な後輩の欠点を見抜くのは簡単です。難しいのは、相手の良いところを見抜いて伸ばしていくことなのです。そのようなポジティブなアプローチが、若手にとって励みになるのです。

『落ち込むとこまで落ち込んでこんなこと言われてたんやとわかる』

これはスランプについて話をしてくれた舞妓さんの言葉です。キャリアを積む過程で誰しもがスランプを経験します。それに対して、もがき、いつの間にか抜けて行く経験を経て、自分の立ち位置が変わったことにこの舞妓さんは気がついています。

さらに、スランプは怖いこと、悪いことではなく、いつか抜けられるという経験を通じて自分を冷静に見つめられ、周囲との関係性の中で、自分の立ち位置を再認識できるようになる大事な経験であるという積極的なメッセージを後輩に送っているのです。

『姉さんが言わはる前に、うちが気いつかんと』

これは髷替えをした舞妓さんが出たての舞妓さんを指導している姿を筆者が褒めたときに、返ってきた言葉です。出たての舞妓さんがお姉さんから指導を受ける前に、自分から気をつけて教えてあげるのが、自分の当然の役割だ、と彼女は自覚しているのです。それができるためには、後輩の様子をそれとなくいつも見ておくことが必要になります。

何かあれば他の人がフォローしてくれること、そしてそれがないとお座敷の仕事はうまく運ばないことを知っている舞妓さんは、後輩を諭す責任が自分にあることがわかっているのです。置屋のお母さんやお姉さんをはじめ、今まで見守り続けてくれた周囲の人から、それなりのことができると信じてもらっているからこそ、このような対応が可能になるわけです。

叱られるのがかわいそう、という思いはあるでしょうが、舞妓さんが舞妓さんらしくあることの大切さが経験を通じてわかっているからこそ、厳しい指導も進んで行うのです。

だれか一人でも手を抜くと舞妓さんのイメージは崩れてしまいます。後輩が舞妓さんらしくあることが、舞妓という職業を選んだ自分が自分らしくあることにつながるという気概を持つようになったからこそ、自然にできることなのです。

3-6. ステップ6:舞妓の社長(舞妓を卒業するまで)

経験年数が最も長い舞妓さんは、舞妓の社長と呼ばれます。

もちろん年数だけなく、プロとしての技量と、組織全体を率いるリーダーシップも備わっているから、舞妓の社長と呼ばれるのです。明確な年齢制限はないものの、二十歳を過ぎると舞妓さんから芸妓さんに変わるか、この世界を離れるかというキャリア選択の大きな節目を迎えます。

そんな舞妓さんたちを置屋のお母さんもお茶屋のお母さんも先輩のお姉さんたちも、そしてお客さんも、彼女にとって幸せな道は何かを彼女自身が納得して決められるように見守り続けています。それがわかっているから、舞妓の社長と呼ばれる二十歳そこそこの舞妓さんは、自分自身や自分と周囲との関係性を見つめ、今後の自分のことを考えるための手掛かりとなるような言葉を自らにかけることが多くなっていきます。

『街全体が家族みたいなもんどす』

舞妓さんになる過程にはたくさんの人たちの支えがあります。後輩の世話をやき、仕事のフォローをし、あらためて支えられた経験を振り返り、その意味を再認識していくのです。舞妓さんとしてステップアップする過程では、装いや技量に目に見える変化が見られますが、その裏には多くの目に見えない支えがあります。

街全体が、自分の舞妓さんとしてのあるべき姿を作り出してきたことを知れば、自分だけのためといった利己的な行動を慎むようになるだけでなく、見えない人やものも含めた関係性全体への感謝が生じるのです。今までの成長のプロセスを振り返れば、自分の努力の結果も周囲の支えも客観的に見つめられ、それをもとに自分がしたいことの本質を見極め、将来への希望を紡ぎだせるようになるのです。

一人の力の限界を知り、支え、支えられることでより大きなことを成し遂げられることを知る、この時期にはそれが大切なのです。

4. まとめ

置屋やお茶屋のお母さんたち、お師匠さんたち、そしてお客さまなど、花街にかかわる立場の異なる複数の人たちの存在が、舞妓さんのキャリア形成に影響を与えています。仕込みさんの頃は精一杯、舞妓さんになった当初は必死、少し慣れてくると慢心が出て、こうした人たちからまるでキャリアの伴走者のように見守られ、励まされ、ときには戒められて、一人前の舞妓さんへと育っていきます。

お座敷で後輩を諭す責任を担うようになると、自分の技能の未熟さを知り、キャリアを培ってくれた花街のネットワークの意味を理解し、その一員として受け入れられていることを感じ、感謝の心とともに、京都花街の一端を担う覚悟と気概を持つようになります。

未熟だった少女がモチベーションを維持しながらプロになる過程で、お母さんたちや先輩が人材育成のために惜しまず情を注いでいることが、節目の日の短い言葉の受け渡しから伝わってきます。

職場で働く若い人たちは、自分のことをごまかせない、そして未熟な自分を恥ずかしいと感じています。だからきっと、成長したい、何かに関してプロと呼ばれたいという期待を持っています。「今どきの若者は…」と言うのは簡単ですが、それではリーダーとして若い人の期待に応えることはできません。

京都花街の智恵に、人材育成のヒントを見つけてもらえると幸いです。

 

講師:西尾 久美子

京都府立大学卒業後、大阪ガス株式会社勤務を経て、1997年滋賀大学経済学部へ社会人入学。
2001年4月神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程に入学。
2006年3月同課程後期課程修了、博士(経営学)を取得。
神戸大学大学院経営学研究科助手を経て、
2008年4月京都女子大学現代社会学部准教授、2013年4月から京都女子大学現代社会学部教授。
専門は、経営組織論、組織行動論。

主な著書に『京都花街の経営学』(東洋経済新報社、2007年)、『舞妓の言葉-京都花街、人育ての極意』(東洋経済新報社、2012年)、『おもてなしの仕組み-京都花街に学ぶマネジメント』(中公文庫、2014年)など。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

e-ラーニングのイメージ画像■効率的な社員教育によって生産性を上げたい
■社員、従業員教育にもっと力をいれたい
■全社的なスキルの底上げ・均質化を実現したい

当メディアを運営する株式会社ライトワークスは、 大企業での豊富な実績を基に、

・堅牢で豊富な機能を持ち、統合的な学習管理を可能にするLMS

・さまざまなニーズに対応する多様な教材
・グローバル人材の育成プログラム

を提供しており、人材育成におけるあなたの課題を解決します。
まずはお気軽に無料でお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう