おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

メンタルヘルスとは その重要性と企業に求められる対策

メンタルヘルスとは、精神的な健康状態のことを指します。

社会生活をしていれば何らかの精神的なストレスはあるものですが、 近年はスマホが普及し、インターネットがより身近になったこともあり、情報との付き合い方や人間関係が一昔前とは別の形で複雑になっています。溢れかえる情報の中で自分を見失ってしまったり、SNSでたくさんの人と繋がっていることに疲れてしまったり。情報社会 ゆえの精神的なストレスを感じる人が多くなってきました。[1]

2013年に、厚生労働省が発表した「第12次労働災害防止計画」では、職場のメンタルヘルス対策を重点施策としており、国全体でメンタルヘルス対策に力が入れられるようになりました。

本稿ではメンタルヘルスとは何か、また、支障をきたす要因と対策の重要性について解説していきます。

[1] 厚生労働省HP 「第12次労働災害防止計画」
<http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei21/dl/12-honbun.pdf>


1.メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは、精神的な健康状態を指し、主に「メンタルヘルス対策」や「メンタルヘルスケア」といった精神面のケアを指す言葉として使用されます。メンタルヘルスに悪影響を及ぼすものとして「ストレス、心の悩み、精神的な疲労」などがあげられます。


2.メンタルヘルスの低下による影響

仕事には集中力が必須ですが、メンタルヘルスが低下すると集中力も無くなり、適正な判断力も失われます。自分は大丈夫と思っていても、些細なミスを繰り返してしまいます。そのミスが積み重なって仕事に不安を抱いて、さらにストレスを抱えてしまうという悪循環に陥ることも考えられます。

過度にストレスが蓄積し、メンタルヘルス不調になってしまうと、下記のような精神疾患を患ってしまう可能性があります。
・うつ病
・自律神経失調症
・睡眠障害
・摂食障害
・パニック障害
・PTSD
・アルコール依存症

健康 だった人が急に精神疾患を患い、仕事に来なくなって入院してしまったというケースは決して他人事ではありません。自分がどの程度のストレスを抱えているかというのは、どうしても判断しにくいものです。 早期発見には第三者の支援が必要です。企業には、精神的な疲労、ストレス、悩みなどが蓄積するのを軽減するサポートやメンタルヘルス対策が求められています。


3. メンタルヘルスの低下の要因

メンタルヘルスが低下する主な要因には、会社に対する不満からモチベーションが上がらないことや、対人関係での悩み、成果主義による業務へのプレッシャーが挙げられます。

会社に対する不満は、業務内容や給与面など、自分に関わることでの不満が主な要因となります。対人関係での悩みはどの職場にも共通して起こることですが、上司の圧力や同僚からの嫌がらせといったパワハラも懸念されます。また、成果主義によるプレッシャーもあり得ます。周囲は結果を出している、自分はどうか?といった不安がストレスとなり、メンタルヘルスを低下させる要因となるのです。

このようなストレスは、たとえ1つひとつは些細な内容であっても、他のストレスを誘引したり、どんどん蓄積されていってしまうこともあるため、早めにフォローや改善をしていくことが重要です。時には業務内容や配置の変更、待遇の改善といった、組織的な対応が必要になることもあります 。


4. メンタルヘルス不調への対策

厚労省では2015年12月より、従業員50人以上の事業所でストレスチェックを義務化しました 。従業員がどれだけストレスを抱えているか把握することと、個人的にストレスの状況を気づかせること、そして結果的に従業員のメンタルヘルスが低下するのを防ぐことが期待されています。[2]

具体的なメンタルヘルス低下の対策法を4つご紹介します。[3]

① セルフケア
従業員に自らセルフチェックを行ってもらい、自身のストレスの状況を把握し改善・解消に導くこと

② ラインケア
マネジャーが部下に対してメンタルヘルス対策を行うこと

③ 職場内産業保険スタッフなどによるケア
社内の産業医や保険スタッフ、人事労務管理者が行うメンタルヘルス対策のこと

④ 事業外資源によるケア
社外の専門家や専門機関を利用しメンタルヘルス対策を行うこと

メンタルヘルス対策は、不調になる前に予防することが重要です。対応が後手になるほど、状況は複雑化し、精神疾患を患ってしまい回復に時間を要したり、労災になる可能性が増します。

ストレスチェックを行い従業員のストレス状況を把握し、4つのメンタルヘルス対策を適宜行うことにより、できるだけ確実な予防が必要になるでしょう。

[2]厚生労働省HP「ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等」
<http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/>
[3] 厚生労働省HP 「心の健康つくり」
<http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/101004-3.pdf>


4.まとめ

メンタルヘルスとは、精神的な健康状態を指し、主に「メンタルヘルス対策」や「メンタルヘルスケア」といった精神面のケアの際に使用されます。

メンタルヘルスの低下は従業員の集中力やモチベーションまで低下させ、結果として企業の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。企業は従業員が業務に集中できるようストレスを軽減させなければなりません。

また、過度にストレスが溜まってしまいメンタルヘルス不調に陥ると、以下のような精神疾患を患う可能性があります。
・うつ病
・自律神経失調症
・睡眠障害
・摂食障害
・パニック障害
・PTSD
・アルコール依存症

企業に勤めている以上、何らかのストレスは誰しもが抱えていることでしょう。それを就労後や休日で発散できている人はまだ問題ありませんが、ストレスを知らない内に抱え込み、自分でも気づかないほど深刻化していることが懸念されます。

ストレスチェックを行うことで企業と従業員が潜在的なストレスを把握し、要因を探りながら積極的にフォロー、解決していくことが大切といえるでしょう。本稿では以下の4つの具体的なメンタルヘルスケア対策を紹介しました。
① セルフケア
② ラインケア
③ 職場内産業保険スタッフなどによるケア
④ 事業外資源によるケア

国を挙げて行われているメンタルヘルス対策。その重要性を企業全体で認識していくことが大切です。

(参考資料)
http://kokoro.mhlw.go.jp/
http://www.japan-who.or.jp/event/2015/AUTO_UPDATE/1507-4.html
http://www.mana-biz.net/2017/06/post-219.php

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が17年で1,100社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。