おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

社会人教育 現在のビジネスパーソンに必要な「社会人基礎力」とは

社会人教育とは、社会で働き続けるために必要な能力の開発、すなわち社会人として備えているべきリテラシーに関する教育ということができるでしょう。

企業にとっては自社の人材育成ということになりますが、特定の業務に関する知識やスキルの育成というよりも、ビジネス全般に広く通用する能力の開発が対象となります。

人材不足が深刻化し、生産性の向上や人材の流動化が求められる中、どこへいっても通用する人材を育てることは、企業による大きな社会貢献であり、同時に自社の競争力を高めるための礎となるでしょう。

また、終身雇用制度の崩壊はもとより、「働き方改革」の推進により働き方の選択肢が広がる中、「どこへいっても通用する人材になること」は働く個人にとっても大変重要です。

本稿では、現代のビジネスパーソンに広く求められる基礎能力とは何か、というところから、社会人教育について考察します。


1. 社会人教育とは

冒頭で述べたとおり、社会人教育とは特定の科目や特定の時期の教育を指すわけではなく、企業が人材育成の一環として、または個人が自己研鑽のために、任意のタイミングで目的に応じたプログラムを活用する形をとるのが一般的です。

この意味では、社会人教育とは「ビジネス全般に広く通用する能力の継続的な開発」ということができそうです。ビジネスパーソンとしての生涯学習と言ってもよいかもしれません。

では、「ビジネス全般に広く通用する能力」とは具体的にどのような能力でしょうか。

これについて、経済産業省は2006年から「社会人基礎力」という能力モデルを提唱しています。社会人基礎力は、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」と定義され、大きく以下の3つの能力で構成されています。[1]

  • 前に踏み出す力(アクション)
  • 考え抜く力(シンキング)
  • チームで働く力(チームワーク)

以下、それぞれの項目について考察してみます。

[1] 経済産業省「社会人基礎力」<http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/>


2. 前に踏み出す力(アクション)

「前に踏み出す力」は、以下の能力で構成されています。

・主体性
・働きかけ力
・実行力

ビジネスの状況は年々変化していきますので、自ら考えて行動する人材が求められます。組織を構成する全員が、指示を待つだけではなく、自ら状況の変化を感知し、他者に働きかけ、アクションに移していく姿勢を持てば、ビジネスのスピードは上がり、組織全体のパフォーマンス向上につながるでしょう。

そのためには、個々の従業員が自社のビジネスに積極的に関わっていく意識を持つことが重要です。企業の側には、そうした意識の醸成と共に、従業員の自主性を尊重する姿勢が求められます。


3. 考え抜く力(シンキング)

「考え抜く力」は、以下の能力で構成されています。

・課題発見力
・計画力
・創造力

これらの能力は、前項の「前に踏み出す力」の前提と言えるでしょう。アクションを取るといってもやみくもに動けばよいというものではなく、その前に課題を設定し、打ち手を考え、アクションを実行に導く計画を立てる必要があるからです。

なおかつこの一連の思考プロセスは筋が通ったものでなくてはいけません。組織にとってなんらかの合理的なメリットがなければ、いくらアクションが尊重されるとしてもその個人の主張を受け入れる理由はないためです。

この3つの能力を発揮するためには、論理思考に関する訓練が必須と言えるでしょう。現状を分析し、根拠となる事実から合理的な筋道を立てて結論を導き出す力は、ビジネスのあらゆるシーンで役立ちます。


4. チームで働く力(チームワーク)

「チームで働く力(チームワーク)」は、以下の能力で構成されています。

・発信力
・傾聴力
・柔軟性
・状況把握力
・規律性
・ストレスコントロール力

「どこへいっても通用する人材」というのは、すなわちどんな組織でうまくやっていける人材ということになります。そのために必要な能力が上の項目で構成されるということです。

チームにはリーダーが必要ですが、チームの運営はリーダーだけが行うものではありません。チームのメンバーが、チームの目標や置かれている状況を理解し、他のメンバーを尊重しながら自分の役割を的確にこなすことが、チームとしてのパフォーマンスを高めます。

組織の中で自分の能力を最大限に発揮し、目標の達成に貢献することが、「チームで働く力」の体現といえるでしょう。

一見すると一つひとつの項目は個人の性質・性格次第のようにみえますが、学習や経験を通じて培っていけるものです。企業はできるだけ早いうちから、こうした能力の育成に努めるべきでしょう。


5. まとめ

社会人教育は、「ビジネス全般に広く通用する能力の継続的な開発」であると言えます。

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」に照らすと、その能力は以下の様に定義されます。

● 前に踏み出す力(アクション)
・主体性
・働きかけ力
・実行力

● 考え抜く力(シンキング)
・課題発見力
・計画力
・創造力

● チームで働く力(チームワーク)
・発信力
・傾聴力
・柔軟性
・状況把握力
・規律性
・ストレスコントロール力

「前に踏み出す力」はビジネスの推進に不可欠です。
「考え抜く力」は「前に踏み出す力」の前提となるものです。
「チームで働く力」は組織の中で自分の能力を最大限に発揮していくための土台です。

この様に考えると、社会人教育というのは、特定の業務を遂行するための知識やスキルとは別に、自分をマネジメント/プロデュースし、組織としての価値創造に貢献する力、とも言えそうです。

昨今、管理職に必要な能力として「ヒューマンスキル」が注目されていますが、「社会人基礎力」は全てのビジネスパーソンに求められる最も基礎的なヒューマンスキルなのかもしれません。

こうした、いわゆるソフト面の能力のボトムアップは、個人の自立的な働き方を実現すると同時に、イノベーションの源泉にもなりうるでしょう。

社会人教育というと、通り一遍の堅苦しい印象を受けがちですが、今の時代に必要な「社会人基礎力」の養成という視点でとらえなおし、自社の従業員または自分自身の成長に役立ててみてはいかがでしょうか。

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が17年で1,100社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。