おすすめ記事

中国赴任に向けて必要な準備は?3か月前から使えるチェックシート付

中国に赴任するときに持って行くべき必需品と輸送手段(一覧表付)

「中国赴任中もなるべく快適に暮らしたい。日本から何を持っていくべきだろうか?

中国赴任が決まり、新しい土地での生活に期待が高まる半面、業務や生活に関する不安も大きいと思います。昔の感覚だと中国での生活は「不便そう」という印象ですが、最近もそうなのでしょうか?

仕事で成果を挙げるためにも、生活の基本的なところでは不便を感じないようにしたいものです。日本にいるのと変わらないとまでは行かずとも、現地で一定の生活の質をキープし、安定した毎日を送るためにはどうしたらよいでしょうか。

そこで本稿では、中国に赴任する方に向けて、日本から持って行きたい必需品達をご紹介します。また、それらの品を中国へ持ち込む際に適した輸送方法とその注意点を解説します。


1. 中国に着いたその日から必要なも品物(手持ちすべき必需品)

まず、中国に着いたその日から使用するものについて解説します。中国での生活に欠かせないものばかりなので、手荷物として持ち込むことをおすすめします。

・銀聯(ぎんれん)カード

中国で最も流通しているカードが銀聯カードです。VISAやMaster、JCBカードも使用できますが、使用できる店が限られています。銀聯カードは日本国内でも発行できるので、ぜひ赴任前に発行しておきましょう。

日本では3タイプの銀聯カードを発行することができます。

・銀聯クレジットカード
VISAやMasterなどの大手クレジットカードと同じように使用することができます。日本国内で発行できる銀聯クレジットカードは5種類です。下記表にまとめましたので参考にしてください。

カード名

発行元

備考

三井住友銀聯カード

三井住友カード株式会社

  • 単独発行ができる
  • 中国現地において日本語でサポートを行っている「銀聯コールセンター」利用可能

MUFG銀聯カード

三菱UFJニコス

  • MUFGカードを持っている人が発行可能
  • 中国の現地情報を提供する「ハローデスク」を中国国内で利用可能

ANA銀聯カード

三井住友カード株式会社

  • ANA VISA/マスターカード・ANA VISA Suicaカード・ANA TopQPASMOマスターカードを持っている人が発行対象
  • 200円につき1マイル貯まる

三井住友銀聯プラチナカード

三井住友カード株式会社

  • 三井住友VISAプラチナカード、三井住友Mastercardプラチナカード会員が発行可能
  • 利用枠は300万円~

九州銀聯カード

三井住友カード株式会社

  • 九州カードが発行するVisaカード
  • MasterCard(MUFGカードを除く)を持っている人が発行可能

なお、上記のカードはすべてショッピング専用カードとなるため、ATMでのキャッシングには使用できません

・銀聯プリペイドカード
クレジットカードのスキミング被害が心配な方におすすめなのがプリペイドカードです。残高が少なくなった際にチャージする手間はありますが、現地のATMで現金を引き出すことができるのが便利なポイントです。日本国内ではセゾンカードが展開している「NEO MONEY」で銀聯プリペイドカードを作ることができます。

・銀聯デビットカード
日本にいるうちに中国銀行・中国工商銀行で口座を開設し、銀聯デビットカードを発行することも可能です。中国銀行は東京(赤坂と大手町)・大阪・横浜・名古屋・神戸に支店を展開しています。中国工商銀行は東京と大阪に支店、池袋に出張所を展開しています。中国銀行は郵送でも口座開設することができます。

・支付宝(アリペイ)アプリ

中国ではアプリ決済が主流となってきています。

特に「支付宝(アリペイ)」「微信支付(WeChatペイ)」でのアプリ決済が盛んにおこなわれています。

アプリ決済はアプリに紐づけた口座からお金をチャージし、店頭でQRコードを読み込むことで決済します。従来、アプリに紐づける口座は中国で開設しなければなりませんでしたが、アリペイでは日本で発行されたクレジットカードを紐づけることができるようになりました。

ぜひ、出国前にアプリをインストールし、利用の準備をしておきましょう。

・プリペイドSIMカード

中国に到着後、手持ちのスマートフォンを使用するために必要です。

中国国内では基本的に日本から持ち込んだスマートフォンを使用することはできません。しかし、中国でスマートフォンを購入するには手続きの関係上で入国後ひと月ほどかかってしまいます。

そこで、日本を出発する前に手元のスマートフォンをSIMフリーにし、中国到着後にプリペイドSIMカードを差し込みます。そうすると、日本にいるときと同じように使用できるようになります。

インターネットに関する規制が厳しいことで知られる中国ですが、中国がローミング対象となっているSIMカードを使用すれば、規制を受けることなくインターネットを使うことができます。また、日本でSIMカードを購入した方が中国で購入するより低価格で購入できる場合もあります。

・現金

中国では電子マネー決済が主流ですが、現金を全く持ち合わせていないと不便なこともあります。中国到着直後はATMや銀行で引き出すことが難しい場合もあるので、あらかじめ日本で両替をして現金を持っていくと安心です。

なお、普段持ち歩く現金は万が一の時の交通費程度を想定するとよいでしょう。上海在住の日本人に確認したところ、彼の場合は50元ほどとのことでした。

・VPN

中国ではインターネット規制が敷かれています。そのため、日本と同じインターネットサービスを使うことはできません。主なものですと、Google・Twitter・LINEが使用できません。

そうした状況を打開するのに必要なのがVPNです。VPNとはVirtual Private Networkの略称で、仮想ネットワークを指します。

VPNを使用すれば、海外のIPアドレスを取得することができるので、中国国内のインターネット規制を受けずにインターネットを使用することができます。しかし、中国では年々VPNに対する規制が厳しくなっており、使用可能なVPNが限られているのが現状のようです。

VPNを使用するには、インターネットサービスを展開するプロバイダーと契約する必要があります。契約するVPNの仕様によっては、アプリのインストールやルーターの設置が必要となります。

VPNには有料と無料のものがありますが、どちらも規制対象になり得ます。よって、複数のVPNを契約しておくと安心でしょう。

・薬

常備薬はなるべく持っていきましょう。中国国内で日本の市販薬を購入するのは難しいのが現状のようです。赴任直後は何かと不慣れで体調を崩しがちですが、病院に行くのもなかなか大変です。風邪薬・胃腸薬・頭痛薬など、多めに持っていくと安心です。

また忘れがちなのが目薬です。目薬も他の薬と同様に手に入りづらいようなので、持っていくようにしましょう。


2. あればより快適な暮らしを送れる品物

ここでは、あったら中国での生活がより快適になる品物をご紹介します。ご自身のライフスタイルに合わせて持っていくかどうかを決めてくださいね。

・オーラルケア用品

中国の歯ブラシはヘッドが大きく、使いにくいという声を聞きます。また、口臭ケアや歯周病予防など、高機能オーラルケア用品はなかなか手に入りにくいようです。使い慣れた歯ブラシやオーラルケア用品を持って行くと安心です。

お子さんがいる方は子供用歯ブラシも忘れずに持っていきましょう。

・食品

中国でも日本食品は手に入りますが、日本で買うより割高だったり種類が限られる場合があります。特にお気に入りの調味料やお酒などの嗜好品は持って行くことをおすすめします。

初めての土地では食べ慣れた味に安心するものです。そう言った意味でも、日本食は少しでも持って行く方が良いでしょう。お子さんがいる方は、子供用に日本のお菓子を持っていくのもおすすめです。

・コンタクトレンズ

中国でもコンタクトレンズは販売されていますが、種類に限りがあり、自分にぴったり合ったコンタクトレンズを入手するのはなかなか難しいようです。
また、日本でまとめて購入する方がお得な場合が多いので、持参する方が多いようです。

・シャワーヘッド

日本の水道水は軟水ですが、中国は硬水です。また、給水時の水道管を殺菌する際に塩素を多量に使用しているため、水質が日本と大きく異なります。そのため肌や髪が荒れてしまう場合があります。

水は毎日の生活に欠かせないものですから、気になる方は硬水を軟水化するものや水中の塩素を除去するシャワーヘッドを持って行くことをおすすめします。

ただし、持ち込む前に居住予定の部屋のシャワーヘッドと互換性があるものを確認し、購入するようにしましょう。

・スキンケア用品

水質の違いによる肌荒れを防ぐためにも、保湿剤は多めに持っていくと安心です。小さなお子さんがいる方は、お子さんのスキンケア用品も必ず持っていきましょう。

・洗剤

特にこだわりがない方は持っていかなくても良いかもしれません。ですが、洗剤や柔軟剤の慣れ親しんだ香りが心を落ち着けてくれる場合があります。お子さんがいる方はお子さんの精神安定につながることもあるかもしれません。念のために持っていくことをおすすめします。

・紙製品

中国でも日本の紙製品は購入できますが、他の日本製品と同じように割高な場合が多いです。また、中国製の紙製品は硬質で肌荒れの原因となることもあるので、日本から持っていったものを使う方が無難でしょう。

特に紙おむつ・生理用品など、肌に長時間直接触れるものは日本製のものを持っていくことをおすすめします。小さなお子さんがいる方はウェットティッシュ、除菌シートも持っていくとより安心です。

・ 浄水器

中国の水道水は水質汚染の影響から、飲用水にはあまり適していません。地域によってはそのまま飲める水質となっているようですが、水質レベルは日本には到底及んでいないのが現状のようです。そのため、調理に使用することも難しいです。

そこで、浄水器を持っていくことをおすすめします。その際は現地の蛇口に対応しているかどうかを事前に確認しましょう。不安な方は現地でも購入・取り付けができますが、日本で購入するより高額になる場合があります。日本から浄水器を持ち込む場合は交換用カートリッジも購入し、一緒に持っていくようにしましょう。

・変換器・変圧器

海外で電化製品を使おうとしたらコンセントプラグの差込口が日本と違う仕様で使えなかった、という経験をしたことのある方がいらっしゃるかもしれません。

日本のコンセントプラグの形状は「Aタイプ」と呼ばれる形状のものですが、中国の多くの地域でもこの「Aタイプ」が使われているので、基本的にコンセントプラグの変換器は必要ありません。

ただ、中国ではAタイプを含めた6種類ものコンセントプラグの形状が使われているので、念のため居住予定の住居のコンセント形状を確認しておきましょう。

また、中国の電圧は220Vです。日本は100Vなので2倍以上の電圧ということになります。よって、日本の電化製品を中国で使用する際は変圧器が必要な場合があります。

ただ、最近の電化製品は海外でも使用できるものがあるので、まずは持参予定の電化製品の定格電圧を確認してみましょう。
なお、変圧器は現地の大家さんや不動産屋が貸し出してくれる場合もあるようです。こちらも確認しておくと安心です。


3. 余裕があるなら持参を検討したい品物

ここでは、荷物に余裕があるなら持参を検討するとよい品物をご紹介します。個人によって必要度が異なる品物ではありますが、あればより日本人ライフに近づくと思います。参考にしてみてください。

・空気清浄機

中国国内の大気汚染の状況は、依然として暮らしに影響を与えているようです。在中国日本国大使館のホームページには、中国における大気汚染についての報告書が掲載されています。また、居住予定の地域の汚染状況を確認できる中国環境保護部のホームページ等の案内も掲載されています。

事前にこれらの情報を確認し、必要だと思われる方は空気清浄機を持っていくと良いでしょう。中国国内で購入することもできますが、日本の家電量販店で中国居住に適した空気清浄機を選ぶことも可能です。

参考)

在中国日本国大使館ホームページ
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/eco_04_3.html#3

・炊飯器

新生活では食生活が乱れがちです。そんな時「お米さえ炊いておけば何とかなる」という感覚をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

また、食べ慣れた味や食感が心を落ち着けてくれることもあるでしょう。炊飯器は日本人ライフの強い味方です。中国でも炊飯器は売っていますが、日本製のものは輸入品扱いなので高額です。日本から送るのが良いでしょう。

なお、中国で炊飯器を使用する際は、事前に定格電圧を確認しましょう。電圧が異なる場合は、前項でご紹介した変圧器が必要です。

・マスク

マスクは大気汚染だけでなく、新型コロナウイルスなどの感染症予防にも欠かせません。可能なら日本から持っていく方が良いでしょう。

中国国内でもマスクは販売していますが、品質の劣るものが流通している場合もあるようです。よって、日本から多めに持参すると安心です。

・殺虫剤

中国でも殺虫剤は手に入りますが、種類が限られるようです。日本に害虫がいるように中国にも害虫は存在します。居住予定の部屋でどのような害虫問題に悩まされるかはわからないので、殺虫剤は一通り持っていくと安心かもしれません。また、小さなお子さんがいる方は虫よけ・虫刺されに効く薬を持っていくと良いでしょう。

・エコバック

中国は2008年よりスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのレジ袋を原則有料化(一般的なスーパーでレジ袋は約4.6円~7.8円くらいで販売)しています。エコバックがあると便利です。


4. 手持ち・航空便・船便それぞれのメリット・デメリットと利用時の注意点

ここでは、日本から中国へ荷物を持ち込む際に使用する手段ごとのメリット・デメリット・注意点をご紹介します。なお、中国へ荷物を持ち込む際の規制は国際情勢や中国国内の政治情勢等によって変化します。赴任前に最新の規制状況を必ず確認するようにしてください。

参考)

外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_009.html

4-1. 手持ち

中国到着後、すぐに使用するものや生活するうえで欠かせないものは手持ちで持っていかれると思います。後述しますが、手持ち以外の輸送手段である航空便や船便は荷物の受け取りまでに約1週間~数か月の時間がかかります。

また、輸送中に税関検査が行われた場合、危険物とみなされると手元に荷物が届かないことがあります。よって、すぐに使用しないものでも、航空便や船便で輸送した日用品の一部は手持ちで持っていく方が良いでしょう。

ただし、なんでも飛行機に持ち込めるわけではなく、量と品目に規制があるので注意が必要です。

機内に持ち込める荷物の大きさと重量は航空会社によって異なるので、利用する航空会社の規定を確認してください。機内に持ち込める品物と危険物と見なされて持ち込めない品物は国土交通省のホームページに記載があります。参考にしてください。

参考)

国土交通省ホームページ
https://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000004.html

4-2. 航空便・EMS(国際スピード郵便)

航空便のメリットは船便より早く手元に届くことです。そのため日常生活に欠かせないものを送るのに適しています。

ただし、早く手元に届くといってもひと月ほどはかかります。また船便より送れる荷物量が少ない、輸送料金が高くなる、などのデメリットがあります。特に食料品については規制が厳しく、輸送できない場合が多いので注意が必要です。

また、赴任に伴い新調した電化製品は、一度使用してから送るようにしましょう。新品の電化製品を航空便に入れると、税関で転売目的の輸入品と見なされ関税がかかる場合があります。

EMSは国際郵便の中で最優先される郵便物のことです。そのため、中国であれば1週間程度で荷物を受け取ることができます。30㎏までの荷物を輸送することができ、追跡機能も付いているので安心して利用できます。EMSで中国に送れない品物一覧が郵便局ホームページに記載されています。参考にしてください。

参考)

郵便局ホームページ
https://www.post.japanpost.jp/cgi-kokusai/nonmailable_articles.php?cid=41

4-3. 船便

船便は一度に大量の荷物を輸送できることがメリットです。よって、食料品・衣服・紙製品・台所用品など重たくてかさばるものを送るのに適しています。デメリットは手元に届くまで2~3ヵ月かかるという点です。

なお、船便の荷物受け取りは居留許可証を発行してもらってからでないとできません。居留許可証は中国到着後、約ひと月程度で取得することができます。

航空便・船便の共通の注意点として挙げられるのは、輸送は最初の1回のみ免税で、2回目からは全量課税となる点です。

家族帯同で赴任する場合、初めにご本人だけが中国へ赴任し、ご家族は後から現地へ向かうことも多いと思います。その場合、家族分の引っ越し荷物には全量課税されてしまうので、なるべく1回目の輸送で多くの荷物を入れることをおすすめします。


5. 必需品一覧と各品に適した輸送手段一覧表

上記に挙げた必需品と各品に適した輸送手段を一覧表にまとめました。ぜひ引っ越しの荷詰めの際の参考にしてください。

※画像をクリックするとエクセルファイルをダウンロードできます。


6. まとめ

いかがでしたか?
本稿では中国に赴任にあたって日本から持ち込むべき必需品をご紹介しました。

中国に着いたその日から必要であり、手持ちで持っていくべきものは下記の通りです。
(1) 銀聯(ぎんれん)カード
(2) 支付宝(アリペイ)アプリ
(3) プリペイドSIMカード
(4) 現金
(5) VPN
(6) 薬

あればより快適な暮らしを送れる品物は下記の通りです。
(1) オーラルケア用品
(2) 食品
(3) コンタクトレンズ
(4) スキンケア用品
(5) 洗剤
(6) 紙製品
(7) シャワーヘッド
(8) 浄水器
(9) 変換器・変圧器

余裕があるならなるべく持っていきたい品物は下記の通りです。
(1) 空気清浄機
(2) 炊飯器
(3) マスク
(4) 殺虫剤
(5) エコバック

中国へ品物を持ち込む際の主な手段である、手持ち・航空便・EMS(国際スピード郵便)・船便にはそれぞれメリットとデメリット、注意点があります。

手持ちは持っていく品物をすぐに使えることがメリットですが、持ち込める量と品目に規制があります。

航空便は船便より早く、ひと月ほどで届くため日常生活で欠かせないものを送るのに適しています。一方で、食料品をはじめ輸送時の規制が厳しいことがデメリットとして挙げられます。

船便一度に大量の荷物を送れるのが最大のメリットですが、手元に届くまでに2~3ヵ月と長期間かかるのがデメリットとなります。

中国での暮らしに関する不安を解消するには、現地での生活に何が必要か把握することが大切です。本稿で取り上げた必需品とその送り方を参考にして、より快適な中国での暮らしを実現してください。

コメント