コンプライアンス対策のすべて

いまや、コンプライアンス対策をしていない企業はほとんどないでしょう。
法令遵守はもとより、企業として社会的な責任を果たしているのか? 社会の目はますます厳しくなっています。

そんな中で、コンプライアンス担当者を悩ませるのは、「何を、どこまでやればいいのか」という問題ではないでしょうか。

手を抜けば、ブランドイメージに傷がつくだけでなく、株価暴落、さらには倒産に至るリスクがあります。一方、やりすぎれば、社内ルールの縛りで機動力を損ない、ビジネスチャンスを逃す可能性もあります。そして、人間が営む以上、リスクを限りなく減らすことはできても、ゼロにはなりません。

それでは、コンプライアンス対策はどこを目指せばよいのでしょうか。

それは、問題が発生してもつぶれない会社、「不沈艦」を作ることです。

不沈艦たる企業のイメージは

  -問題発生を避けることができる
何がコンプライアンス違反行動なのか、違反によって会社にどんなダメージが起こりうるか全社員が教育を受けているので、問題発生を避けることができる。

  -予防策を打つことができる
教育方法など予防策のカードを複数種類持っているので、会社・部署の現状の危険度やヒヤリハットの状況に応じて、必要な部署に必要な対策を打つことができる。

  -初期対応で問題拡大を防げる
コンプライアンス問題が起きたときには、どうすればよいかわかっているので、初期対応を適切にし、問題の拡大を防ぐことができる。

といったものです。

このページでは、そのための考え方や、教育などの施策について学べる、実践的な記事を紹介していきます。

企業コンプライアンス対策の全体像をつかみ、自社で実践する助けとなれば幸いです。

その1

なぜコンプライアンス違反が起こるのか?

コンプライアンスが「法令遵守」を意味する言葉だということはご存知だと思います。
では、コンプライアンス違反に起因する倒産が年間200社近くもあることをご存知でしょうか。

企業は、法令遵守を基本として経営しているはずなのに、なぜ倒産に至るような大きなコンプライアンス違反が起こるのでしょうか。また、コンプライアンス違反が発生した場合、企業と社員にはどのような影響とリスクがあるのでしょうか。

コンプライアンス対策の前提として、まずは「なぜ違反が起こるのか」を理解しましょう。

Pick up

この記事を読む

年間およそ200社が倒産!会社をつぶさないためのコンプライアンス入門

コンプライアンス問題を防止するには、どこから問題が発生するのかをとらえる必要があります。
そこで入門編として、「コンプライアンス違反の原因」をご紹介します。
①過失と故意、②性弱説、③不正のトライアングルの3つに分けて解説します。

その2

コンプライアンス対策をするには?

コンプライアンス問題が起こるリスクを避けるには、何をすればよいでしょうか。

Pick up

この記事を読む

コンプライアンスとは 法令だけじゃない、CSRとリスクマネジメントの重要性

コンプライアンス対策において、“違反”と“遵守”を分ける基準は何でしょうか。
コンプライアンスとは法令遵守という意味ですが、実際のところ、「法令」だけを守っていればリスクがなくなるのではありません。CSR、企業倫理、リスクマネジメントなど多方面から見ていく必要があります。
ここでは、守るべき基準を考えるうえで必要なキーワードを紹介します。

その3

コンプライアンス教育の方法論

コンプライアンス対策は、教育をいかにするかがカギです。
ここでは、社員教育を効果的にするためのノウハウをご紹介します。

Pick up

この記事を読む

コンプライアンス教育の基本 違反の原因・階層別の教育方法をご紹介

「法令遵守+CSR・リスクマネジメント」のコンプライアンスを実現するためにはどうしたらよいのでしょうか。そのカギは「教育」ですが、いったい誰にどのような教育をすればよいのか。それを考えるには、コンプライアンス違反の原因(過失か故意)や、社員の階層ごとに分類して考える必要があります。
本稿ではこれを踏まえたコンプライアンス教育の企画について、基本的な考え方と、企画する方法を紹介します。

その4

コンプライアンス問題の事例を活用する方法

コンプライアンス教育をするにしても、社員が「自分事」として捉えるには、「身近な事例」をうまく活用することが重要になります。
ここでは、事例を使った教育資料の作り方や、事例をうまく使う方法をご紹介します。

Pick up

この記事を読む

事例学習が効く!会社をつぶさないためのコンプライアンス教育

会社全体のコンプライアンス意識を底上げするためにはどうすればよいでしょうか。
その答えは、過去に発生したトラブル事例の中にあります。なぜそのトラブルが発生したのか、トラブル事例の概要と原因を知り、さらにその事例から教訓を見出し、再発防止につなげる取り組みをすることが重要です。
なぜ事例が重要か、どのように学べばよいか、具体的な例を挙げてご紹介します。

Pick up

この記事を読む

コンプライアンス教育資料の作り方 事例の伝え方で研修効果が変わる

事例を集めても、研修教材に落としこむ方法がわからないという方も多いでしょう。コンプライアンス研修において、法令や社内ルールの説明は必要であるにもかかわらず、堅苦しい内容になることが多く、わかり易い研修教材を作成するのは難しいものです。
本稿では、集めた事例素材をわかりやすい研修教材に作成する方法、コンプライアンス行動につなげる研修プログラムの構成方法をご紹介します。

エンタープライズ向け 人材開発・教育管理システム(LMS)の決定版
Careership®についてはこちら
エンタープライズ向け 人材開発・教育管理システム(LMS)の決定版