おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

ケースメソッドとは “疑似体験”で経営スキルを体得する方法を紹介

ケースメソッドとは、実際に起きた特定の事例を教材として、あらゆる事態に適した最善策を討議し、学習者が答えを導き出す教育手法です。

「あなたが社長であるとして、目の前に山積する経営課題をどう解決すればよいか」

このような問いに対して、知識習得を目的とする「インプット型」の学習方法は役に立ちません。常に、自分だったらどうするかという姿勢で知識や持っている情報を「使いこなす」訓練、それがケースメソッドです。

本稿では、ケースメソッドについて、どのような教育手法なのかを効果、課題とともに解説します。


1. ケースメソッドとは

ケースメソッドとは、実際に起きた経営上の事例を教材として、その問題を分析し、討議しながら解決策を導いていくことを通じて、実践的な問題解決・意思決定能力を高めていく教育手法です。

1920年代にアメリカのハーバード大学のビジネススクールで開発されました。実践力を養成する=経営スキルを身に付けるための教育手法とも言えるため、世界各国のビジネススクールで実施されています。

日本においても、次世代リーダーの能力開発に有効であるとしてケースメソッドでの教育手法を自社の研修に取り入れる企業が増加しています。


2. 学習の流れ

ケースメソッドでは次のように学習を進めていきます。① ケースの理解
文章化されたケース(事例)を読んで理解する。ケースは登場人物が発した言葉まで具体的に書いてある場合もある。事例の中に入り込み自分が経営者だったらどう考えるか、思考を巡らせる。

② 自分の判断のまとめ
最終的な自分の考えをまとめ、記録しておく。

③ 小グループで討議
小グループに分かれ、グループごとに立候補でリーダーを決める。リーダーの司会・進行で討議を行い、②でまとめた意見を発表していく。

④ 持論の修正
小グループでの討議でメンバーのさまざまな意見を聴くことで、自分とは違った判断基準や価値観があることを学ぶ。これらを参考にしながら持論を修正、強化する。まとめた意見は記録しておく。

⑤ 大グループ(全体)で討議
④でまとめた意見を発表する。大勢の前で発表するのも訓練であり、人に伝える表現方法を学ぶ。自分の意見をさらに深め、多くの考え方、価値観を知ることができる。

⑥ ケースの解決策の検証
問題に対する解決策を導き出し、検証、最後にまとめる。解決策が正解か不正解かが重要な問題ではなく、ケースを分析することに意味がある。

事前に個人学習→小人数でのグループ討議→全体でのグループ討議と進める中で思考力を養い、最善の解決策を導き出すのがケースメソッドの狙いです。

参考)仙台白百合女子大学 牛渡淳「『校長の専門職基準』準拠 ケースメソッド事例集」
http://www.education.kyushu-u.ac.jp/~motokane/assets/files/report/case_0423a.pdf


3. ケースメソッドの意義・効果

ケースメソッドは実際に起きた問題などを題材にし、結論を導き出すまでに何段階ものプロセスを要します。また正解を求めるものではありません。そこにどのような意義や効果があるのでしょうか。

・問題解決・意思決定能力の育成
知識をインプットするだけの学習ではなく、「あなたならどうするか」を問われるアウトプット学習のため、主体的な問題解決能力、意思決定能力を養うことができます。

・実践力の向上
実例を題材にしたケースを分析し、それをグループで討議、解決策を導き出すという過程の中で経営実務を疑似体験できるため実践力を鍛えることができます。

・企業事例や業界情報の知識の習得
ケースの読解、分析を多数繰り返していく中で、題材となった企業事例やその業界情報を知識としてインプットすることになります。

ケースメソッドは主体的に問題を解決していくアウトプットと教育でありながら、同時にケースの読解を通じて知識のインプットも行える教育方法と言えます。


4. ケースメソッドの課題

ケースメソッドは思考力や実践力を養うのに優れた方法ですが、万能ではありません。次のような課題もあります。

・学習効果が教える側の能力に左右される。
・討議の末の明確な正解が存在するわけではないので、結局どの選択をしても同じだから考えても意味がないという印象を持ってしまう場合がある。
・与えられるケースが現実よりも単純で限定された問題を扱うため、実際の経営の解決法として扱うと危険が生じる(問題解決のための思考力の訓練であることを忘れてはいけない)。
・ケースメソッドを数多く経験したからといって、実際の経営で正しい問題解決ができるとは限らない(大きな失敗も現実にある)。

ケースメソッドは正解をみつけることが目的ではありません。思考力や問題解決力を訓練する教育法であることをしっかりと理解しておくことが重要です。


5. まとめ

ケースメソッドとは、過去の実例を教材としてあらゆる事態に適した最善策を討議し、学習者が答えを導き出す教育手法です。

ケースメソッドの意義・効果は以下の通りです。
・問題解決・意思決定能力の育成
・実践力の向上
・企業事例や業界情報の知識の習得

一方で、次のような課題もあります。
・学習効果が教える側の能力に左右される。
・討議の末の明確な正解が存在するわけではないので、結局どの選択をしても同じだから考えても意味がないという印象を持ってしまう場合がある。
・与えられるケースが現実よりも単純で限定された問題を扱うため、実際の経営の解決法として扱うと危険が生じる。
・ケースメソッドを数多く経験したからといって、実際の経営で正しい問題解決ができるとは限らない。

数多くのケースを経験することで、さまざまな状況での解決策の考え方、意見の伝え方、価値観、判断の多様性が理解できるようになります。ただ、実践的な部分がある反面、現実よりも単純で限定された問題を扱っているため、そのまま実際の問題に当てはめることは危険です。この点を踏まえて取り組めば、ケースメソッドは有効と言えるでしょう。

皆さんの企業研修にケースメソッドを取り入れてみてはいかがでしょうか。

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が17年で1,100社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。