キャリア教育とは 小学校から「働き方」を考える取り組みの背景

キャリア教育とは、子どもや若者が将来社会人・職業人として自立できるよう、必要な能力や態度を育成することです。

社会や環境の変化によって、子どもたちや若者たちの将来への捉え方も変わってきています。理想とする大人像が描けない、将来に希望がもてないなど、身体的な発達は早熟傾向にあるにも関わらず、精神的社会的自立が遅れる傾向も指摘されています。

一方で、企業は変化する社会情勢や経営環境に適応できる人材や即戦力となる人材を求めています。こうした社会の中で自らの力で生き方を選択できるよう、必要な基盤となる能力や態度の育成を目指すのがキャリア教育です。

本稿では、キャリア教育が導入された背景や、企業がキャリア教育の支援活動をすることについて解説していきます。


1. キャリア教育とは

キャリア教育は、2011年1月に行われた中央教育審議会の答申の中で「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」であると定義づけられました。

「キャリア(career)」とは、「生涯、経歴、履歴、職業、生涯の仕事」など広い意味があります。「キャリア組」「キャリア・アップ」「キャリア・ウーマン」など、勝ち組を象徴するような言葉がよく使われる結果、漠然としたイメージが形づくられ、さまざまな解釈をしてしまう方も少なくありません。しかし、キャリア教育の本質は、「児童生徒の社会的自立を促進し、自立性や主体性を重視した教育」であり、進路に優劣をつけたりするものではありません。


2. キャリア教育が導入された背景

なぜ、学校教育にキャリア教育が導入されるようになったのでしょうか。その背景には現代の社会が抱えるさまざまな要因があります。

・産業構造の変化と労働人口の減少
情報通信技術や人工知能が大幅に進化し、製造業より非製造業が増加するなど産業構成も大きく変わりました。また少子高齢化が深刻化する中で、労働人口の減少が産業構成に大きな影響を与えています。

・仕事の質の変化
IT化の発展などにより、単純作業が機械化され、求められる仕事の質は高度化しています。

・若年層で高い離職率
就職率はこのところ上昇していますが、離職率も高いのが実情です。若年層ほど高く、就職後1年以内に離職する早期退職の問題も挙げられています。

・若年無業者の存在
社会に不安を抱え、なかなか仕事に就けない若年無業者はさらに増加しています。


3. 企業が支援活動するメリット

学校と連携して子どもや若者へキャリア教育の支援活動をしている企業もあります。例えば以下のような取り組み例があります。

・職場見学、工場見学
・仕事体験、職場体験
・学校への講師派遣(社員を学校に派遣して仕事内容を紹介する)
・イベントの実施

こうした取り組みをする企業にとって、メリットは次のようなものが考えられます。

・地域社会とのつながりが持てる
支援活動を通じて地域と関わることができます。

・企業の知名度やイメージの向上
社会に貢献している企業として企業イメージの向上が期待できます。

・若者たちの意識や実態を把握できる機会になる
高校生や大学生といった就職を控えた世代の考え方や意識を直接知ることができるため、採用時のミスマッチや離職の防止にも役立ちます。

・社員の意識向上
仕事を教えることを通じて、社員自身が仕事への理解を深め、新たな気づきを得たり、意欲の向上につながったりすることが期待できます。

子どもたちへの教育なので直近の人材採用にはつながらないものの、長期的に考えたときに社会全体で受けるメリットは大きいといえるでしょう。


4. まとめ

キャリア教育とは、子どもや若者が社会人・職業人として自立できるよう、必要な能力や態度を育成することによってキャリアの発達を促す教育のことです。

キャリア教育が学校教育に導入される背景として以下のようなことが考えられます。
・産業構造の変化と労働人口の減少
・仕事の質の変化
・若年層で高い離職率
・若年無業者の存在

企業のキャリア教育支援活動のメリットには次のようなことがあります。
・地域社会とのつながりが持てる
・企業の知名度やイメージの向上
・若者たちの意識や実態を把握できる機会になる
・社員の意識向上

学校と企業が連携してキャリア教育をすれば、企業が求める資質や能力などを低年齢から段階的に教えていくことは可能です。それによって採用時のミスマッチを防ぎ、離職率を下げることができるようになるでしょう。

(参照)http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/16/1306818_04.pdf
http://www.human-edu.jp/careeredu
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11800000-Shokugyounouryokukaihatsukyoku/h24text-02.pdf
https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180425124632.pdf?id=ART0010250884
http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/career-education/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

e-ラーニングのイメージ画像■効率的な社員教育によって生産性を上げたい
■社員、従業員教育にもっと力をいれたい
■全社的なスキルの底上げ・均質化を実現したい

当メディアを運営する株式会社ライトワークスは、 大企業での豊富な実績を基に、

・堅牢で豊富な機能を持ち、統合的な学習管理を可能にするLMS

・さまざまなニーズに対応する多様な教材
・グローバル人材の育成プログラム

を提供しており、人材育成におけるあなたの課題を解決します。
まずはお気軽に無料でお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう