おすすめ記事

eラーニング 動画教材は簡単に作れる 学習効果の高い動画を内製する方法

内定後インターンシップとは 企業が就活後の学生を雇用する利点を紹介

内定後インターンシップとは、就職活動を終えた学生が、卒業までの間、内定先とは異なる企業でインターンシップに参加することです。

学生にとって就職までの不安を解消し、スキルアップを図るためのメリットの多い選択肢に思われますが、企業にとってもメリットがある制度です。

本稿では、企業にとっての内定後インターンシップのメリットや注意点、学生が内定後インターンシップに何を期待しているのかをご紹介します。


1. 内定後インターンシップとは

内定後インターンシップとは、就職先が内定した学生が内定先の会社とは異なる会社でインターンシップをすることです。就職活動を終え、また授業の単位も取り終わって比較的時間の余裕のある学生が卒業までの期間をインターンシップに充てるケースが増えています。

内定後インターンシップをする企業は、ベンチャー企業を中心に年々増えています。ベンチャー企業には、学生が飛び込んでいきやすい若手中心の職場環境があり、企業側も学生の柔軟な意見やアイデアを求めている背景もあるようです。


2. 内定後インターンシップの主な業務

ベンチャー企業での内定後インターンシップで多く取り入れられているのは「広報」や「ブログ運営」の業務です。学生が取り組みやすい業務であることがその理由です。

一方、大手企業の内定後インターンシップで多くみられるのは「サポート業務」で、事務作業や営業課の資料作りの補助などです。学生にとっては内定先以外の職場の雰囲気を知るという点に魅力があるようです。


3. 内定後インターンシップのメリット

企業が内定後インターンシップをするメリットはどのような点にあるのでしょうか。

・働く意識の高い人材を雇用できる
内定後インターンシップでは、社会人になることを控えたやる気のある学生が応募してきます。意識の高い人材を雇用できるため、予想以上の成果を出せる可能性も十分あります。

・就職活動や大学での経験を活用できる
就職活動を経験している学生は、1~3年生までと比べ、基本的なビジネスマナーやスキルを学習しています。授業やサークル活動の中で得た経験が活かされるケースもあります。

・時間に余裕がある
大学4年生は、既に授業の単位を取り終えていたり、サークル活動からも引退していてまとまった時間が取れたりするため、腰を落ち着けてインターンシップに取り組めます。

・広報活動などで自社のPRができる
企業側ではなく消費者視点を持った学生が広報業務を担当し、生の声を配信することで自社の知名度向上に役立ちます。また、積極的にインターンシップをしていることは企業イメージの向上にもなります。
内定後インターンシップへの取り組みは大きなアピールポイントです。

意欲的な学生が活躍することによって従業員への刺激にもなるでしょう。ただし、導入にあたっては、注意すべき点もあります。次章で見ていきましょう。


4. 内定後インターンシップの注意点

一方、内定後インターンシップの注意点としては以下のことが考えられます。

受け入れ体制を整える必要がある
実際の業務をするにあたっては教育が肝心です。少なくとも1人の教育担当を配置し、きちんと体制を整えないと企業にとっても学生にとっても実りのないインターンシップになってしまいます。受け入れ体制が作れない状態であれば内定後インターンシップを開催するのは賢明ではありません。

・人材が定着しない
内定後インターンシップに参加した学生は、卒業後は内定先の企業に入社するため、業務に携われるのは卒業までの期間限定です。この点を割り切って、挑戦の機会を与える必要があります。

企業と学生のミスマッチを防ぐために、企業として学生を受け入れるメリットがあるか、また、学生の求めるものを企業として提供できるかを十分検討したうえで、内定後インターンシップの実施を判断することが重要です。


5. 学生が内定後インターンシップに期待すること

学生は、内定後インターンシップにどのようなことを期待しているのでしょうか。

・社会人への準備をしたい
内定をもらったとはいえ、「自分はやっていけるだろうか」と不安を抱えている学生は多いでしょう。学生は内定後インターンシップに参加することでこのような不安を解消し、自己のスキルアップを図ることを期待しています。

・視野を広げたい
内定後インターンシップをすることで、学生は内定先の会社しか知らないという状況にはならずにすみます。一社しか知らないと、その企業や職場環境が良いのか悪いのかの判断ができません。入社してから客観的な目で自分の職場を見ることができるようにと考えて内定後インターンシップをする学生も多くいます。

・自分の将来像を明確にしたい
就職先は決まったものの、社会人になった自分の姿をイメージしづらく、具体的な将来像を描けない学生もいるでしょう。自分のキャリアについて明確にすることを目的に内定後インターンシップで経験を積みたいと考える学生もいます。

学生にとっては、社会人になった時点で他者に遅れをとらないよう、少しでも早く準備を進めておきたいというのが本音でしょう。その背後には、成果主義への不安や即戦力を求める企業に適応しなければという焦りがあるのではないでしょうか。


6. まとめ

内定後インターンシップとは、就職活動を終えた学生が、卒業までの間、内定先とは異なる企業でインターンシップに参加することです。ベンチャー企業を中心に年々増加しています。

企業が内定後インターンシップをするメリットや注意点として次のようなことが挙げられます。
◆メリット
・働く意識の高い人材を雇用できる
・就職活動や大学での経験を活用できる

・時間の余裕がある
・広報活動などで自社のPRができる

◆注意点
・受け入れ体制を整える必要がある
・人材が定着しない

一方、学生は内定後インターンシップに以下のことを期待しています。
・社会人への準備をしたい
・視野を広げたい
・自分の将来像を明確にしたい

内定後インターンシップの増加は、戦力となり得る人材を求める企業と、社会人としてスタートを切る際に少しでも他者に差をつけられるようにしておきたいという学生の思惑が合致したことにあると考えられます。その背後には、厳しい雇用環境や成果主義の存在を感じ取ることができます。

企業と学生双方にとってメリットのあるものにするために、企業はどのような人材を求めているのか、それは学生にとって有益かを明確にし、アピールしていくことが重要です。

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が18年で1,200社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。