おすすめ記事

自社で動画を撮影してeラーニングを内製する方法 【設計サンプル付き】

ADDIEモデルで企業教育の効果・効率を上げる!その実践ポイントとは

「研修を作って推進していくにあたり、活用できるフレームワークはないだろうか?」

2020年1月に発表された経団連の人材育成に関するアンケート調査結果によると、回答した企業368社中80.5%の企業が、人材育成施策の見直しの中で「人材育成の方針や戦略の見直し」について、具体的に取り組んでいるもしくは検討中である、と回答しています[1]

特に近年は、集合研修やeラーニングの教材を社内で内製化し、自社に合わせた教育内容にするため教育担当者が教材を検討、開発しているという企業も増えてきています。

教育計画や、教育内容を検討する際に、手順を知っていると、遠回りをせず、効率的に、効果のある教育を実施することができます。本稿では、その手順の一つである「ADDIEモデル」についての概要と、具体的な進め方、さらには実践する際に意識するとよいポイントについて紹介していきます。

[1]人材育成に関するアンケート調査(2020年1月21日付)
https://www.keidanren.or.jp/policy/2020/008.pdf


1. ADDIEモデルとは?

ADDIEモデルとは、PDCAサイクルのような改善手法を、教育という枠組みで考えたものです

ADDIEモデルが編み出された背景には、教育をより効果的、効率的、魅力的にしていくための手法である「インストラクショナルデザイン」[2]の存在があります。

1-1. インストラクショナルデザインとの関係性

教育のように目には見えないものを、一つのプロセスとして捉え、体系化して考えることをインストラクショナルデザインと言います。

このインストラクショナルデザインの中で、教育全体の計画や、教材を開発する時にどのような手順で検討していけばいいのかをプロセスとして示したものを「IDプロセス」と呼びます。

ADDIEモデルは、そのIDプロセスの代表的なモデルです。

1-2. ADDIEモデルで教育のブラッシュアップを

通常、業績向上や、業績目標の達成ために、PDCAサイクルを回しながら業務を改善していく、ということはよく聞く話ではないでしょうか。

このやり方と同様に、教育という枠組みの中で、よりよい教育を行っていくためにADDIEモデルを使用します。

PDCAがPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)という頭文字をとっているように、ADDIEモデルもAnalysis(分析)、Design(設計)、Development(開発)、Implementation(実施)、Evaluation(評価)の頭文字をとったものです。

このプロセスに沿って継続的に教育計画や教材内容を組み立て、見直しながらブラッシュアップしていくのです。

(図)森田晃子 著『ー改訂版ー魔法の人材育成』幻冬舎2019年p.57 図表5をもとに作成

1-3. ADDIEモデルの活用で、安定した教育を実践

教育計画や教材内容を新しく検討したり、見直しをしたりする際に、今までの経験をもとに「なんとなく」行っていないでしょうか。

もちろん経験は非常に貴重な財産ではありますが、「なんとなく」で進めてしまうと、何から手を付けるか迷ってしまい時間がかかってしまったり、実施したものの、現場からは効果が感じられないという不満への対応が発生したりと、二度手間、三度手間の無駄な時間が発生する可能性が高くなります。経験の少ない人になると、なおさらです。

ADDIEモデルでは、まずは何から手を付ければいいのか、手順が明確です。また、各手順で具体的にどのようなことをすればいいか決まっているので、経験が少ない人でもより効果の高い教育内容を導き出せるようになります。

つまり、ADDIEモデルを活用すれば、教育計画や教材内容をより安定して効果的、効率的な内容にしていくことができるのです。

[2] 鈴木 克明(2019)「インストラクショナルデザインー「学びの効果・効率・魅力の向上を目指した技法―」、通信ソサエティマガジン、電子情報通信学会、P110
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bplus/13/2/13_110/_pdf


2. ADDIEモデルプロセスの具体例

では具体的に、各手順でどのようなことをしていけばいいのかを詳細を見ていきます。
イメージをしやすくするために、以下のような事例と共に確認していきましょう。

<A社の事例>
A社では最近営業担当者のマナーがよくないというクレームが顧客から入ることが問題視されていました。
クレーム対象になるのは、若手から中堅の営業担当者が多いようです。経営陣は、クレームを減らすために、何か教育をしなければ……と考えています。

STEP1. Analysis(分析)
教育のニーズを分析し、学習目標を明確にします。分析する際は、以下のようなポイントを意識しましょう。

・教育の必要性の明確化。なぜ教育が必要とされているのか。
(例)顧客からクレームがきている、クレームが原因で売り上げが下がっている……など

・問題の明確化。問題が起こっている原因は何か。
(例)若手営業担当者、中堅営業担当者の対応に問題がある様子、顧客へのフォローができていない……など

・理想とする状態の明確化。理想とする状態はどのような状態で、現状とどのように違いがあるのか。
(例)顧客からのクレームをゼロにする。現状はクレームが多い、という状態。クレームをゼロにして、さらには顧客の信頼を高めることが理想……など

・受講対象者の明確化。受講対象者は誰か。
(例)若手営業担当者、中堅営業担当者……など

・学習目標の明確化。その教育を行ったことで受講者にどういった行動変容を期待するか。
(例)顧客に対するフォローを行い、クレームではなく顧客の信頼を獲得し、受注へとつなげる

・評価基準、合格基準の明確化。何が評価のポイントになるのか、合格の基準になるのか。
(例)受講直後の理解度テスト、アンケート、行動目標の設定と現場での振り返り……など

・教育期間の明確化。長期的な教育が必要か、短期的な教育が必要か。
(例)営業担当者のマインド育成が必要(長期的)、製品知識を深めることが必要(短期的)……など

この分析の手順で大切なのは、自身の思い込みだけではなく、客観的なデータや複数の人へのヒアリングをもとに、本当に何が問題なのか、を明確にすることです。ここでしっかりと分析をしていれば、教育内容がその問題解決に対して大幅にずれる、という可能性は低くなります。

STEP2. Design(設計)
SREP1で分析した内容を基に、教育内容の全体概要を作成していきます。

分析結果が出たからと、いきなり教材内容作成に取り掛かる前に、全体像を設計しておくことで、教育の目的を見失わずに教材作成を進めることができます。設計の際は、次のようなポイントを意識しながら進めましょう。

・学習目標の具体化。その教育を受講した際の学習目標を決める。
(例)顧客のクレームへの対応方法を理解し、実際のクレームに対して実践する、顧客満足度を上げる方法を習得し、現場で実践する……など

・評価基準、合格基準の具体化。学んだ内容の理解度をどのように評価するか。
(例)学習修了後、テストで当日の理解度を測る、半年後にクレーム件数が変化しているかを確認、現状から8割減少していれば合格とする……など

評価基準は、教育終了直後の内容の理解の確認と、現場に戻ってから実際に行動変容しているかという時間をおいてからのものと両方を考えておくとよいでしょう。

・学習対象者の具体化。対象層、人数を決める。
(例)中堅営業担当者リーダークラス10名、若手営業担当者20名全員……など。

・学習期間の具体化
(例)2日間研修。半年後にフォローアップ……など。

・教育内容の具体化。どのような内容をどのような目的、順番、手法で構成するかを考える。
(例)導入→講義「研修への意識づけ。クレームとは何かを理解する。」→ペアワーク「クレームを言う相手の心理を体感する」→……など

どのような手法を使うかというよりも、何を目的に学んでほしいのかに重点を置いて構成を考えていきましょう。

STEP3. Development(開発)
STEP2で描いた設計図を基に、具体的な教育教材の作りこみや、環境設定をします。

集合研修であれば、会場の準備、教材作成、外部講師に依頼するのであれば外部講師の手配、eラーニングであればシステムの導入など、実施に向けての具体化がこのタイミングです。

(例)集合研修に向けてのパワーポイントを使ったテキスト作成、集合研修内でのワークの素材準備、授業終了後のテスト、アンケート準備など。

STEP4.Implementation(実施)
STEP1~3までで準備したことを、実施します。

実施の前に、テスト運営、リハーサルといった事前練習をしておくと安心です。

STEP5. Evaluation(評価)
STEP3で具体化した評価基準、合格基準や教育終了後のアンケートなどを基に見直していきます。

次のような内容を意識して評価をするとよいでしょう。

・受講者の教材、講師への満足度
(例)研修終了後のアンケート評価……など。

・講者の理解度
(例)研修終了後のテスト、講師からの受講者に対する印象のフィードバック……など。

・学習目標の達成度
(例)評価方法に基づく顧客のクレーム対応履歴の確認、半年後のクレーム件数変化……など 

この評価を基に、さらにADDIEモデルを回しながら教育内容の見直しをしていきます。


3. ADDIEモデルを推進する際に意識するポイント

2章で、ADDIEモデルの具体的なやり方についてお伝えしてきました。しかし、ただステップ通りにやるだけではいいというわけではありません。この章では、実際にADDIEモデルを推進していく中で、さらによい内容にしていくために、意識しておきたいポイントについてお伝えします。

・本当に教育が必要なのかを改めて考える
教育する、ということは、何かしらの解決したい問題があるからではないでしょうか。

例えば、第2章で挙げた例は、「顧客からのクレームが増えている」という問題です。ADDIEモデルのステップ1を分析する以前の大前提として、「本当にそれは教育で解決できる問題なのか」を調査し、考えることが何よりも重要です。

もしかしたら、人事制度を変えないと解決しないかもしれませんし、店舗改革をしないと解決しないかもしれません。仮に教育で解決できるというところにたどり着いても、集合研修で解決するのか、もしかしたらeラーニングなのか、その両方のブレンディッドラーニングなのか、ということも考える必要があります。

まずは、教育ありきではなく、問題を大きな枠組みでとらえて考えることが重要です。

・教育で解決する範囲を明確化する
解決したい問題が教育でカバーできる、ということが判明したら、具体的に教育が解決できるのはどの範囲なのか、を明確化させておきましょう。その範囲を明確化させていないと、教育への期待値だけがあがります。

本来であれば、現場でフォローしなければならないことも、「教育を受ければ解決するだろう」という期待をされ、結果的に「せっかく時間を削って教育を受けさせたのに効果がなかった」というようなクレームに繋がる可能性があります。

・現場を巻き込む
3-1、3-2にも繋がりますが、教育を実施する際は人事や教育担当者だけで進めていかずに、現場の管理職などを巻き込んで実施しましょう。例えば人事や教育担当者だけの思い込みでADDIEモデルを基に教育を分析、実施すると、分析が甘く、現場のニーズからずれた内容になる可能性があります。

第2章のA社の例で考えてみましょう。

顧客から営業担当者のマナーについてのクレームがあった時に、その内容だけを聞くと、マナーの悪い営業担当者に問題があるのでは、と考えてしまいがちです。その問題があっていれば、営業担当者への教育だけでいいかもしれません。

しかし、現場へのヒアリングなどをよくよく聞いていくと、営業担当者の上司がマネジメントをしっかりとしておらず、営業担当者は業務が一杯でこなせない状況になっていて、結果的に顧客への対応がいいかげんになっていた、という問題が明るみに出る……という可能性もあるのです。

その場合、教育の対象は営業担当者ではなく、その上司である管理職となってきます。大幅な路線変更となるわけです。そのような事態を避けるためにも、現場の意見を複数の人からヒアリングするようにして、客観的な情報を集めるようにするといいでしょう。

また、教育を実施した後に現場に受講者を戻したときに、現場に戻った時に部下が何を学んできたか興味がない上司がいる、ということもよくあります。時間とお金をかけて教育したにも関わらず、自分の部下が何を学んできたかも知らない上司がマネジメントをするとなると、効果があったかすらも判断できません。

教育を実施する際は、関係者に説明を行い、会社全体で取り組む、という意識を持ちましょう。

統合型学習管理システム「CAREERSHIP®」
CAREERSHIP


上場企業売上高ランキング上位100社のうち47%の導入実績!
19年間にわたって大企業のニーズに応え続けてきたライトワークスが自信を持ってご紹介する高性能LMS「CareershipR」。これがあれば、「学習」のみならず人材育成に係る一連のプロセスを簡単に管理することができます。ぜひお試しください。


4. まとめ

ADDIEモデルとは、効果的、効率的な教育を行うために勧めていくプロセスのことです。

「ADDIE」 は、Analysis(分析)、Design(設計)、Development(開発)、Implementation(実施)、Evaluation(評価)の頭文字をとったものです。

このプロセスを何度も回しながら、より良い教育へと改善していきます。

教育計画、教育内容を見直す際に、ADDIEモデルを活用すれば、経験の少ない担当者でも、より安定して効果的、効率的な内容にしていくことができます。

ADDIEモデルの具体的な手順は、以下の通りです。

STEP1. Analysis(分析)
教育のニーズを分析し、学習目標を明確にする。
STEP2. Design(設計)
教育内容の全体概要を作成する。
STEP3. Development(開発)
具体的な教育教材の作りこみや、環境設定を行う。
STEP4.Implementation(実施)
STEP1~3までで準備したことを、実施する。
STEP5 Evaluation(評価)
設定した評価基準に基づき、実施した教育の効果を評価する。

ADDIEモデルを効果的に実施するためのポイントは、以下になります。
・本当に教育が必要なのかを改めて考える
・教育で解決する範囲を明確化する
・現場を巻き込む

従業員の多様化や、感染症の問題などで、従来の教育に対する見直しを考えている企業は少なくはないはずです。

貴社にとって現在の教育をよりよくブラッシュアップしていくためにも、ADDIEモデルの活用はその手助けとなる手順の一つだといえるでしょう。

<参考図書>
中原淳(編)、荒木淳子、北村士朗、長岡健、橋本諭(2006)『企業内人材育成入門 人を育てる心理・教育学の基本理論を学ぶ』ダイヤモンド社.
河村一樹(2009)『e-learning入門』大学教育出版.
森田晃子(2019)『-改訂版―魔法の人材教育』幻冬舎.
<参考情報>
・インストラクショナルデザインで「教え方」を体系的に考えよう(図書印刷株式会社)
https://www.tosho.co.jp/1815/
・IDとは(サンライトヒューマンTDMC株式会社)
https://www.slhtdmc.co.jp/labo/id/

・中原考子(2012)「インストラクショナルデザインによる人材育成の実践 研修~評価まで」国際文化研修2012冬、pp.24-31.
https://www.jiam.jp/journal/pdf/v74/tokushuu03.pdf

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が18年で1,200社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。