おすすめ記事

自社で動画を撮影してeラーニングを内製する方法 【設計サンプル付き】

アダプティブラーニングが人材育成にもたらす効果と普及に向けた課題

「従業員一人ひとりに最適な研修を提供したい」

というのは人材育成に携わる方の常なる願いだと思います。

eラーニングはそのためのソリューションとして普及し、今では当たり前のものとなりました。しかし人材不足は深刻化し、ビジネスの競争はグローバル化とともに激化。企業の人材育成にはさらなる効率化と質の向上が求められています。

究極的には、従業員一人ひとりの傾向を分析し、レベルに合わせた学習プログラムを用意し、業務の合間を縫って個別指導を行って能力を伸ばしていく、という形が理想と言えます。当然ながら、従来のリソースでこれを実現するのは不可能でした。

しかし、最近ではデジタル技術の発達により、徐々にではありますが人の手を介さずにこうした学習ができる手法が実現されつつあります。その代表的なものが、アダプティブラーニングです。アダプティブラーニングは実際に学校教育に取り入れられ、企業の人材育成にも導入され始めています。

また、いわゆる知識の習得だけでなく、活用の仕方次第で学習意欲や自主性の向上にも効果があるものと期待されています。

本稿では、アダプティブラーニングとは何か、企業の人材育成に取り入れることのメリットと活用方法、社員教育に利用できるアダプティブラーニングのサービスを丁寧に解説します。ぜひ参考にしてください。


1. 技術進歩が可能にしたオーダーメイド学習とは?

アダプティブラーニングはeラーニングの一種と言えますが、これまでのeラーニングの概念を一歩抜きん出た存在と言えます。ここでは一般的なeラーニングとの違い、活用シーン、普及状況などを見ていきましょう。

1-1. アダプティブラーニングの特徴

アダプティブラーニングを日本語に訳すと、「適応学習」となります。従来、「学習」といえば習熟度の異なる生徒たちが同じ教室で同じ内容を同じ教師から学ぶのが一般的な手法でした。これに対し、アダプティブラーニングでは個々の生徒の理解度や達成度などの進捗状況に鑑み、学習内容やスケジュールなどを調整した上で学習プログラムを策定します。さらに、その成果をシステムがフィードバックし、より効果的なプログラムへとブラッシュアップしていく、という手法です。

具体的には、ICTやソーシャルメディアなどを使い、個々の生徒の学習の進捗状況をログとして集め、そこから個人の習熟度に合わせた学習内容やスケジュールなどを割り出して適したプログラムを提供。さらに、システムが蓄積されたデータを元に学習の結果を分析してプログラムを修正し、より効果的なものにブラッシュアップしていきます。

情報化が進み、データ解析技術が飛躍的な進化を遂げたからこそ実現可能になった、現代ならではの手法と言えるでしょう。

1-2. 従来の教育手法とアダプティブラーニングの違い

教育業界では、アダプティブラーニングは理想的な教育の形であると言われています。従来の画一的な教育手法では、学力の程度に応じたクラス分けなど、比較的大きな枠組みでの分け方しかできず、それでは進度の合わない生徒がどうしても出てきてしまうからです。

また、従来型の指導方法は、教育者自身の指導力や分析力などに依存せざるを得ず、クオリティにばらつきが生じるという問題もありました。条件が一定しない中、しっかりと成績を伸ばすことができる生徒もいれば、逆に全く伸びない生徒や、教師との相性が悪いといった属人的な要因で成績が下がってしまう生徒が少なからず存在していたことも事実です。

これに対し、アダプティブラーニングでは、個々の生徒がテストなどで過去に回答したものをログとして蓄積し、それを分析することでその生徒の思考方法や弱点を発見し、弱い部分を改善することを目指します。いわゆる「オーダーメイド」の学習プログラムを作成して提供してくれるのです。

また、学習のログは随時閲覧できるため、進捗状況の把握がしやすいというメリットもあります。さらに、同じところを弱点とする生徒同士をつなげ、相互学習やグループ学習に取り組ませることで、力を合わせて全員で弱点を克服する、といったことさえ可能なのです。

1-3. 学校教育への導入

アダプティブラーニングは、2010年代の初頭ころから徐々に注目を集めるようになりました。まだ歴史は浅いものの、すでに多数の教材が開発されています。学校教育への導入は米国が先行していましたが、近年は日本国内でも導入が進んでいます。

株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社の合弁会社Classi(クラッシー)株式会社は、2016年から、世界で1,000万人に利用されている(2016年時点)Knewton(ニュートン)社のシステムを実装し、日本国内の学校に導入されている学習支援クラウドサービス「Classi」へ、アダプティブラーニングの提供を開始しています。[1]

また、株式会社すららネットは、アダプティブな対話式ICT教材「すらら」を、国内では820の塾、170の学校に提供しており、69,000人以上の生徒が利用しています(2019年時点)。苦手分野は何年も遡って復習し、得意分野はどんどん進めていける「無学年方式」が特のひとつです。「すらら」は、不登校児でも出席扱いが認められるオンライン学習教材として注目を集めるとともに、学習課題に取り組むプロセスを評価する入試に利用されるなど、さまざまなシーンで活用されています。[2]

学校教育で活用の幅が広がっているアダプティブラーニングは、企業の人材育成でも活用できる可能性がありそうです。どのようなメリットや活用方法が考えられるのか、次章以降で見ていきましょう。

[1] Classi株式会社「今夏よりアダプティブラーニングを本格提供」<https://corp.classi.jp/news/154/>
[2] 株式会社すららネット「無学年式 AI×アダプティブラーニング『すらら』を活用 努力する力・やり抜く力を評価する『すらら入試』全国で増加中」<http://surala.jp/image/press/191126.pdf>
「 AERA dot. 」にも不登校でも出席扱いになるオンライン学習ツールとして紹介されました。<https://surala.jp/information/191113/>


2. 企業の人材育成におけるメリットと活用方法

アダプティブラーニングを企業の人材育成に取り入れることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、どのように活用できるのでしょうか。まず、メリットから見ていきましょう。

2-1. 忙しい社会人のニーズを満たす6つのメリット

アダプティブラーニングを導入すると、以下のようなメリットがあります。忙しくて時間を取りづらい社会人でも学習を進められるポイントが揃っています。

(1) 効率的な学習内容の定着・弱点克服ができる
アダプティブラーニングは、そのシステムが学習者の進捗状況や理解度・達成度を分析し、一人ひとりに最適な学習プログラムを提案してくれます。苦手分野は重点的に、システム側が十分に理解したと判断するまで復習するよう促されるため、確実に学習内容を定着させることができます。その際、システム側は学習者が回答にかけた時間や正誤情報を分析し、その結果に基づいて真に必要な振り返りや出題を行ってくれます。このため、短時間での知識の習得・弱点の克服が可能になります。

(2) 全員に均質的な教育サービスを提供できる
教育の質や成果のレベルが指導者の能力に依存するというのは、学校教育だけでなく、企業の社員教育にも言えることです。アダプティブラーニングは、そのシステムが、どの従業員にも公平に、最適な学習内容をオーダーメイドしてくれます。特に、仕事についての基本知識や心構えなど、誰にでも共通する土台となる部分をインプットする学習に向いているでしょう。

(3) 学習の定着度合いの可視化
アダプティブラーニングのシステムは、学習した内容、かけた時間、正解率などの学習ログを記録できます。学習者本人が苦手分野や理解の不十分な箇所を把握できるだけでなく、管理者側がフィードバックに利用することで、より的確なアドバイスや指導が可能になります。

(4) 人材の早期育成
一定の社歴のある従業員に比べて、内定者や新入社員には指導の材料にできる情報がありません。アダプティブラーニングは従業員の知識レベルや傾向に関する情報収集をしながら、弱点を把握して最適な学習プログラムを提供してくれます。企業側もログからその傾向を把握できるので、早い段階から指導に活用することができます。

(5) 負担の少ないキャリア育成環境の構築
働き方改革の推進により、労働時間の短縮、業務の効率化が求められています。企業は従業員のワークライフバランスを考慮しつつ、一人ひとりが着実にキャリアを積み、戦力として長く活躍できるよう、工夫を凝らさねばなりません。苦手分野を効率的に学習できるアダプティブラーニングは時間的にも精神的にもストレスが少なく、積極的な学習とキャリア形成に役立つでしょう。

(6) 人材育成部門の負担軽減
一般的なeラーニングのシステムでも、学習ログを確認することはできます。しかし、それを分析して個人に合った学習を提案するのは今のところ人間の役割です[3]。アダプティブラーニングではそこをシステムが担ってくれるため、手間と時間の点で大幅な負担軽減になります。

[3] AIの実用化により今後変わっていくと考えられます。

2-2. 人材育成の効果を高める4つの活用方法

上に挙げたアダプティブラーニングのメリットは、企業の人材育成にどのように活かすことができるでしょうか。ここでは具体的な施策を検討してみます。

(1) リーダーの選抜
アダプティブラーニングでは、効率的な弱点克服という部分が注目されがちですが、逆に言えば、得意分野では飛び級的な教育も可能ということです。高い正解率で早期に学習プログラムを修了した、特定の分野で好成績を修めた、といった従業員をピックアップすることができます。

(2) 新人教育
新入社員には、ビジネスマナーや業界の専門用語など、実際に仕事をする前にひととおり知っておかなければいけない知識が多くあります。不足していたり、あやふやだったりする知識を確実に効率よく蓄積していくアダプティブラーニングは、新人教育に有効でしょう。

(3) タレントマネジメント
タレントマネジメントとは、従業員の能力・業務経験・スキルなどをデータとして一元管理し、人材の適材適所の配置や育成・教育などに活用する人事管理の方法です。アダプティブラーニングは、従業員一人ひとりに合った学習プログラムを提供することで、タレントマネジメントの推進を支援します。

(4) 全階層の弱点補強・能力の底上げ
アダプティブラーニングは、能力が高い人にも低い人にも、一人ひとりに最適な学習を提案します。誰もが効率よく弱点を補強できるため、結果的に企業全体としての能力が底上げされていきます。これは企業としてのパフォーマンスアップにつながっていくでしょう。

アダプティブラーニングは、単に学習の効率化というだけでなく、人材育成を効果的に進めていくためにも大きな可能性を秘めていると言えます。

2-3. 社員教育への導入が少ない理由

以上のとおり、アダプティブラーニングは企業の人材育成に大変役立つ可能性があることがわかりました。しかし、機能性に着目するとメリットしかないと言っても過言ではないのに、学校教育に比べ、社員教育への導入がなかなか進まないのはなぜなのでしょうか?原因のひとつとして、学校教育と社員教育の性質の違いがあるようです。

学校教育は、学習内容の体系が確立されており、対象人数も多いため、有益なビッグデータを作ることができます。一方、社員教育は、学習内容が企業によって異なるため体系化が難しく、ビッグデータの収集が困難です。

事業によらず多人数に共通する基礎知識のインプット学習には効果的ですが、それ以上のことを実現するにはさまざまな課題があるというのが現状のようです。メリットから想像されるような多角的なサービスがまだ市場で展開されておらず、アダプティブラーニングの企業への導入がなかなか進まないのは、こうした背景によるものと考えられます。

しかしそんな中でも、独自の学習ログ解析の技術や、他にはない特長を持ったサービスが登場し、注目を集めつつあります。次章ではその主だったものをご紹介しましょう。


3. 社員教育に利用できるアダプティブラーニングのサービス例

社会人や社員教育に向けたサービスはまだ少ないですが、優れた機能を持つサービスが登場し、活用され始めています。以下に4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

・Cerego(セレゴ)
Cerego(セレゴ)は、科学的根拠に基づいて受講者に最適な学習を提供するアダプティブラーニングのプラットフォームです。受講者の学習のパフォーマンスを計測・予測し、ベストなタイミング、難易度で最適な出題をしてくれるため、着実に知識を定着させることができます。天文学から看護学まで、あらゆる学習コンテンツを希望の言語で作成することができます。
Ceregoは世界中で利用されていますが、日本ではJR西日本が、運輸関係司令員の学習に導入し効果を得ています。

・Cerego
https://www.cerego.com/jp
・ソフトバンク株式会社 新たな学習方法「アダプティブラーニング」のメリットと導入実例
https://www.softbank.jp/biz/future_stride/entry/technology/20170704/

・コアラーン(CoreLearn)
コアラーンは、人それぞれの苦手分野を分析し、個々に応じた出題で完全理解を促す完全習得型デジタル教材です。理解が足りないとクリアできない仕組みになっており、受講者に合わせたスピードで、効果的に知識の習得ができます。2019年12月現在、金融業界向けに「法務」、「財務」、「税務」、「外為」の4科目が提供されています。
三菱UFJ銀行の法人部門の人材育成を担当する「法人企画部法人アカデミー」では、コアラーンをカスタマイズしたオリジナルの自学自習システム「骨太ドリル」を導入し、効果を得ています。

・コアラーン(Core Learn)
https://www.toppan.co.jp/solution/service/corelearn.html
・事例紹介 株式会社三菱UFJ銀行様
https://www.toppan.co.jp/solution/service/corelearn/02.html

・ノウン
ノウンは、アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持つ高機能デジタルドリルプラットフォームです。学校・学習塾・企業研修などの学習教材を、デジタルドリルとして使用することができます。ノウンの特長は、画面に表示される学習コンテンツ上に、直接メモなどを書き込むことができる紙の書籍のようなアナログの利点と、学習結果の自動採点や学習結果に応じて問題を再出題する機能などデジタルならではの利点を併せ持っていることです。
株式会社きんざいは、FP技能検定試験に関する書籍の出版にあたってノウンのデジタルドリルをつけ、これまでになかった価値を購入者に提供できたとしています。

・高機能デジタルドリルプラットフォーム ノウン
・お客様の声(株式会社きんざい様)
https://www.ntt-at.co.jp/product/knoun/

・資格スクエア
資格スクエアは、オンライン×リアルの資格試験予備校です。司法試験、予備試験、司法書士、行政書士などの各種難関資格試験について、最短合格のための勉強法を提供しています。資格スクエア独自の問題演習機能(脳科学ラーニング)では、オンライン上に蓄積されている受講者の学習ログ・理解を分析することにより、個人の理解度に合わせた出題が可能です。また、AI(人工知能)が資格試験の問題を予測する日本初のシステム「未来問」の開発をしています。

・資格スクエア
https://www.shikaku-square.com/
・資格スクエア 脳科学ラーニング
https://www.shikaku-square.com/learning/
・「AI」による国家試験出題予測『未来問』
https://www.shikaku-square.com/yobishiken/miraimon

受講者の学習記録を分析し、最適な学習を提供するという点は、いずれのサービスも共通しています。しかし、それぞれにプラスアルファの特徴があり、自社の業界や目的によって最適なサービスは変わってくるため、導入の際はよく検討することが必要です。


4. AIや教育ビッグデータの活用で○○が実現?

さて、ここまで来ているアダプティブラーニング、将来的にはAIや教育ビッグデータの活用により、より柔軟で多様かつ効果的な施策に活用されていく見込みです。ここでは、その将来像をいくつかピックアップしてみましたので、ご参考にしてください。

・新技術による分析結果がやる気アップの材料に
学習ログの蓄積・分析によって学習効率・効果をアップさせられることは既述のとおりです。しかし、アップできるのはそれだけではないようです。岡山大学では、教育ビッグデータとeラーニングを利用し、児童の学習意欲を向上させられることを実証しました。
新技術により、学習するほど成績が上がっていくことがわかるグラフを個別にフィードバックできるようになったのです。その情報を教師と保護者が指導に活かすことより、特に学習意欲の低かった子どもたちの意欲が、半年間で着実に、また劇的に向上することが世界で初めて実証されました。[1]
eラーニングには、学習者の自主性だけに任せきりにしていると進捗に個人差が出るという問題があります。上記のような新技術をアダプティブラーニングと合わせることで、学習の実施→結果/状況の確認→個別最適な学習プログラム提案→さらなる意欲喚起、というサイクルが全自動で回せる時代が来るかもしれません。

・さらなる最適化が可能に?
現在のアダプティブラーニングでは、個々人の学習ログを元に最適な学習内容を提案する形が一般的です。しかし、学習者の学習/操作ログには学習そのもの以外にも個人の特性を語る内容がたくさん記録されます。例えば、その学習者の目次の滞在時間が有意に短い場合、ある時点から目次が表示されなくなるなど、システムのUIや操作性についても学習者それぞれの傾向に合わせて最適化できれば、より効率的な学習が見込めるでしょう。

AIや教育ビッグデータの活用・分析技術が進歩すれば、社員教育に特化したサービスが多様性を増していくでしょう。これに伴い、人材育成のICT化は新局面を迎え、新しい時代に入っていくものと考えられます。

[4] 岡山大学「教育ビッグデータを活用したeラーニングで、児童の意欲を劇的かつ確実に向上させられることを世界で初めて実証-意欲低位層を軒並み平均レベルに上げられる-」<https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id565.html>


5. まとめ

アダプティブラーニングは、ICTやソーシャルメディアなどを使い、学習者一人ひとりの学習の進捗状況をログとして集め、そこから個人の習熟度に合わせた学習内容や学習方法などを分析して適した学習コンテンツを提供、都度修正し最適化を図る学習方法です。

これまでの均一的な教育とは異なり、個人に対して最適化されることを目的としています。

学校教育に広まっているアダプティブラーニングは、企業の人材育成においてもさまざまなメリットがあり、育成効果のアップが期待できます。

アダプティブラーニングには、以下のようなメリットがあります。
・効率的な学習内容の定着・弱点克服ができる
・全員に均質的な教育サービスを提供できる
・学習の定着度合いの可視化
・人材の早期育成
・負担の少ないキャリア育成環境の構築
・人材育成部門の負担軽減

アダプティブラーニングを以下のように活用することで、人材育成の効果を高めることが期待できます。
・リーダーの選抜
・新人教育
・タレントマネジメント
・全階層の弱点補強・能力の底上げ

機能性ではメリットしかないと言っても過言ではないアダプティブラーニングが、学校教育に比べ、社員教育への導入がなかなか進まないのは、学校教育と社員教育の性質の違いが原因のひとつと考えられます。
社員教育の学習内容は企業によって異なり、体系化が難しくビッグデータの収集が困難です。事業によらず多人数に共通する基礎知識のインプット学習には効果的ですが、それ以上のことを実現するにはさまざまな課題があるというのが現状のようです。

しかしそんな中でも、独自の技術や特徴を持つ、社員教育に利用できるアダプティブラーニングのサービスが登場し、注目を集めています。
・Cerego(セレゴ)
・コアラーン(CoreLearn)
・ノウン
・資格スクエア

AIや教育ビッグデータの活用により、学習意欲を向上させられることが実証されています。将来的には、学習の実施→結果/状況の確認→個別最適な学習プログラム提案→さらなる意欲喚起、というサイクルが全自動で回せる時代が来るかもしれません。また、システムのUIや操作性についても学習者それぞれの傾向に合わせて最適化できれば、より効率的な学習が見込めるでしょう。

今後、技術が進歩していけば、社員教育に特化したサービスが多様性を増していくでしょう。これに伴い、人材育成のICT化は新局面を迎え、新しい時代に入っていくものと考えられます。

忙しくて時間がなく、学習機会を作りにくい社会人にこそ、個人に最適化され効率的に学ぶことができるアダプティブラーニングが必要と言えるでしょう。
自社の人材育成をより充実・加速させるため、アダプティブラーニングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

(参考)
・リセマム アダプティブラーニングとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
https://resemom.jp/article/2016/04/19/30970.html
・BizHint アダプティブラーニング
https://bizhint.jp/keyword/148028
・アダプティブラーニングの「選択肢が多すぎ」問題
https://jp.chibicode.com/5-adaptive-learning
・Classi株式会社
https://corp.classi.jp/
・株式会社すららネット
https://surala.jp/
・eラーニングアワード2019 教育ビッグデータ事例と講演・セミナー情報
https://www.elearningawards.jp/education-bigdata/

無料eBook『eラーニング大百科』
教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

社員教育や人材開発を目的として、
・eラーニングを導入したいが、どう選んだらよいか分からない
・導入したeラーニングを上手く活用できていない
といった悩みを抱えていませんか?

本書は、弊社が18年で1,200社の教育課題に取り組み、

・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を
全70ページに渡って詳細に解説しているものです。

ぜひ、貴社の人材育成のためにご活用ください。

プライバシーポリシーをご確認いただき「個人情報の取り扱いについて」へご同意の上、「eBookをダウンロード」ボタンを押してください。